男鹿温泉郷 秋田・男鹿

39.9734879,139.7424164
Google乗り換え案内
伝説と効き湯の郷

男鹿温泉郷は、伝説によれば、征夷大将軍・坂上田村麿が東征の際、この地に湯の湧くのを発見し兵を休めたことに始まるとされています。

男鹿温泉郷は、江戸時代の「温泉番付」にも「小鹿嶋(おがしま)」の名で東の小結に上げられているほどの名湯ではありましたが、明治中期から大正にかけて石山鉱山と呼ばれる石灰岩の採掘現場として活況を呈していた時代がありました。やがて鉱物の採掘も終焉を告げると観光開発の機運が高まり、昭和30年、辺り一帯の土地分譲が始まり翌年から次々と温泉旅館の建設が進み、昭和36年に男鹿市湯本地区の温泉旅館が集い、男鹿温泉郷協同組合を設立し現在に至っています。

男鹿温泉の名物料理である石焼き(磯焼き)や、男鹿温泉交流会館五風で開催される「なまはげ太鼓」「秋田三味線ライブ」なども人気を集めています。


所在地 男鹿市北浦湯本字草木原21-2
お問合せ先 0185-33-3191
メール ogaonsen@namahage.ne.jp
アクセス JR男鹿駅から車で30分
営業時間 男鹿温泉郷協同組合
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日
〒010-0687 秋田県男鹿市北浦湯本字草木原21-2
TEL:0185-33-3191
FAX:0185-33-3192

 
 
料金 男鹿温泉郷協同組合加盟施設

温泉旅館ゆもと 0185-33-3151

セイコーグランドホテル 0185-33-2131

元湯雄山閣 0185-33-3121

男鹿ホテル 0185-33-3101

男鹿萬盛閣 0185-33-3161

男鹿観光ホテル 0185-33-2121

男鹿グランドホテル 0185-33-2151
URL http://www.e-ogaonsen.com/