太宰が暮らした疎開の家 津軽半島

太宰の長兄・文治が1922年の結婚を機に新築し、津島家では新座敷と呼ばれていました。1945年7月末から1946年11月12日まで太宰が東京・甲府の戦禍から逃れ、妻子を連れ故郷に身を寄せた場所とされています。太宰は、新座敷に暮らしていた1年4ヶ月の間に22もの作品を書き上げており、文豪デビュー後に居宅としていた建物では唯一現存する邸宅です。


所在地 青森県五所川原市金木町朝日山317-9
お問合せ先 0173-52-3063
営業時間 午前9時~午後5時
※不定休(ほぼ毎日公開していますが、電話でご確認ください)
料金 500円