楠美家住宅 津軽半島

明治25年頃、高野地区の旧家、楠美家が秋田産ケヤキなどを使って建てたかやぶきの寄せ棟造りの民家。
大きさは、間口28.2m、奥行き11.8m、軒の高さ4.3mで屋根を含めた高さは約11m。
内部はあまり改造されておらず、外観、間取りとも建築当時の様子をよく残しています。
同地方では珍しく秋田地方の建築様式が取り入れられています。


所在地 持子沢字隠川695-4
お問合せ先 0173-29-3575
営業時間 4月~11月 9:00~16:00
【休館】
12月1日~3月31日
料金 無料
URL http://www.city.goshogawara.lg.jp/21_kyoiku/kusumike/kusumike.html