雪中行軍遭難記念像 青森・浅虫温泉

40.7064095,140.8727112
Google乗り換え案内
八甲田のプロがご案内します。

1902年(明治35)1月、歩兵第5連隊第2隊210人が八甲田で遭難した際に、 雪の中に仮死状態で立つ兵士の姿(後藤房之助伍長といわれている)を捜索隊が発見し、 救援活動のきっかけになったと伝えられています。全国の将校たちの寄付により、靖国神社の大村益次郎像などを製作した大熊氏広により創られ現在の馬立場の頂上に「歩兵第5連隊遭難記念碑(高さ約7m)」として建立し霊を慰めたものです。


所在地 青森市横内字八重菊
お問合せ先 017-764-5507
アクセス JR青森駅から車で60分
URL http://www.hakkoda-info.jp/