日本三大植木市:薬師まつり植木市開催中!

熊本市・大阪市の植木市と並び日本三大植木市の一つとされる山形市の「薬師まつり植木市」。

同市内の薬師町にある国分寺薬師堂の祭礼が行われる5月8日から10日に毎年開催されます。

薬師公園とその周辺約3キロの通りには約500もの店が立ち並び、80円の花苗から、親子3代にわたって丹精こめて育てられてきた100万円もの黒松まで、全国各地から集まった多種多様な植物が販売され、通り一帯はあたかも大きな庭か植物園が出現したかのようになり、例年、お気に入りの苗を選んだり、植木の手入れの方法を尋ねたりする人々で、会場は朝早くから賑わいます。

また、ご当地グルメの一つでもある「どんどん焼き」をはじめとするたくさんの屋台も、植木市を訪れる楽しみの一つとなっていて、お散歩がてらにお店を覘く人も多いようです。

たとえ自宅に大きなお庭がなくても、様々な楽しみ方ができる植木市。
お気に入りの一鉢を探すのはもちろんのこと、新緑や色とりどりの花々を愛でに、または新しい味の発見に、一度訪れてみてはいかがでしょう。 

詳しくは、山形市観光協会のサイトからご覧ください。