日本三文殊「亀岡文殊」で合格祈願

地元では、「お文殊様」の呼び名で親しまれている亀岡文殊堂(山形県高畠町)。

徳一上人が、大同2年(807年)に堂宇を建立したのがそのはじまりといわれており、 丹後の切戸文殊、大和の安倍の文殊と並ぶ、日本三文殊のひとつです。
『三人よれば文殊の知恵』といわれ、学問の神様として知られている文殊菩薩。
このことから、亀岡文殊には、願望成就や合格祈願のために、県内外から多くの人が訪れます。

自らの、または家族や友人の合格を真剣に願った後は、茶屋で名物のこんにゃくを食べて一休みしてください。

どうぞ皆さんが存分に実力を発揮されますよう。

亀岡文殊へのアクセスなどは、こちらをご覧ください。