旅番組「Journeys in Japan」

NHKが東北の観光地を世界に向けて発信するそうです。

その名も「Journeys in Japan」!

外国人記者が日本の新たな魅力を伝えるために、日本のさまざまな場所を訪問します。
美しい自然、さまざまな文化など、外国人目線で紹介いただく内容となっております。

9月の放送では東北にスポットを当てた内容になっておりますので是非ご視聴ください!

過去の視聴分は過去の放送回はオンデマンドで視聴可能です!
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/journeys/

①「青森 この世界の向こうに」
放送時間:9月13日 21:30~21:58
9月14日  2:30~ 2:58

青森県には「異界」がぽっかりと口を開けているような場所が多い。巨大な箱庭のような敷地に鳥居が並ぶ高山稲荷神社、奇岩が立ち並び別の惑星のような景観をみせる仏が浦、死者のための石積みがどこまでも続く恐山、そして着飾った地蔵がずらりと並ぶ川倉地蔵尊。様々なイマジネーションをかきたてるこれらの地を、詩人のアーサー・ビナードが旅し、その場所の意味や、そこに託された人々の願いを探っていく。

②「山形 出羽三山(2) 体験・修験道の世界」
放送時間:9月15日 23:30~23:58
9月16日  5:30~ 5:58
9月16日 11:30~11:58

1400年もの歴史を持ち、今も年間300人近い人々が日本全国から参加する。修験道の世界において峰入りとは「懺悔」であり「生まれ変わり」の儀式でもある。三山はそれぞれ、羽黒山=現在、月山=過去、湯殿山=未来を意味する。自然の精霊や諸々の神仏が一体となった出羽三山の胎内で、自らを省み、そして新しい自分の姿を見るのだ。近年、外国人観光客からも注目の集まる修験道体験に密着する。

③「秋田 竿灯祭り」
放送時間:9月20日  8:30~ 8:58
9月20日 14:30~14:58
9月20日 21:30~21:58
9月21日  2:30~ 2:58

東北の夏を代表する祭り、秋田竿燈祭り。260年以上の歴史があるこの祭りは、46個もの提灯をぶら下げた巨大な竿が夜の町を練り歩く姿で知られるが、昼に各チームが技を競い合う「妙技会」も見ものだ。モデルのデボラ・テンが祭りの直前から秋田を訪ね、竿燈にかける人々の心意気にふれて、昼と夜の祭りをたっぷりと楽しむ。そして郊外の農家民宿に泊まり、美しい田園風景を満喫し、農作業を体験する。

④「リンゴとともに生きる里 青森・津軽平野」
放送時間:9月22日 23:30~23:58
9月23日  5:30~ 5:58
9月23日 11:30~11:58

冷涼で稲作が不安定だったこの地を豊かにするために導入されたリンゴだが、当初は病虫害が続きたびたび壊滅的な状況に見舞われた。しかし人々の不屈の努力によって栽培技術が確立。現在、総作付面積は2万ヘクタール、50品種が生産されている。中でも津軽平野で品種改良された“ふじ”は国境を越え、世界で一番生産されるリンゴとなった。実りの秋、リンゴとともに生きる津軽の人々の触れ合いを描く。

NHK World TV「Journeys in Japan」より引用