ご当地観光課のいいね!Youtubeで配信中!

東北を旅してみんなの笑顔を集める「東北 旅の笑顔」。
第3弾は、東北都市観光協議会に加盟する東北各市のご当地観光課を訪ねて、地元のとっておき情報をビデオレターでお届けします(^_^)

【横手城】桜やかまくらの名所、絶景の展望台/ご当地観光課のいいね!vol.46(横手市)
奥羽山脈を背にし、横手川を堀代わりに。戦国時代から続く天然の要害は、桜や雪景色の名所、資料館に姿を変え、今は横手のシンボルへ。展望台からの絶景は、ぜひ映像から!

【琥珀博物館】日本で唯一!/ご当地観光課のいいね!vol.45(久慈市)
太古からのメッセージ。8,500万年前を閉じ込めた琥珀の世界を味わえるのは、日本で唯一ここ、「琥珀博物館」だけ!

【増田の内蔵】家の中に蔵?/ご当地観光課のいいね!vol.44(横手市)
日本有数の豪雪地帯、横手市増田。そこには、大雪に備えた先人の知恵がありました!内蔵が並ぶその町並みは、2013年12月、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

【きつねうち温泉】名物みそっかす鍋も/ご当地観光課のいいね!vol.43(白河市)
美肌効果の「きつねうち温泉」に入った後は、みそと酒かすでこだわりの地元食材を煮込んだ名物「みそっかす鍋」をどうぞ。どちらも白河観光キャンペーンクルーのオススメです(^_^)

【そばかっけ】せんべい汁にならぶ、八戸市民の味/ご当地観光課のいいね!vol.42(八戸市)
せんべい汁にいちご煮、サバ缶詰!と一緒にスーパーで並ぶ八戸市民の味、「そばかっけ」。青森県産ニンニクがたっぷり入った味噌をつけて食べるのが、オススメだそうです(^_^)八戸市民の心意気がキラリと光る、「かっけ」の語源はこちらから!

【上山城】歴史を学び、城下を見渡そう!/ご当地観光課のいいね!vol.41(上山市)
一羽の鶴に由来する「かみのやま温泉」のルーツをはじめ、上山のことが丸わかりの展示室を巡り、360度大パノラマの展望台から城下を見渡せば、歴史に翻弄されながらも、羽州の名城として名を馳せた上山城にグッとくること間違いなし!

 

【白河だるま市】鶴亀松竹梅が福を呼ぶ/ご当地観光課のいいね!vol.40(白河市)
江戸時代の三大改革の一つ、寛政の改革を成し遂げた松平定信公が、藩の財政難を救うため始めたのが白河だるま。鶴、亀、松、竹、梅をあしらった縁起物が手に入る白河だるま市、今年は2月11日です!あなたのお家にもおひとつどうぞ(^_^)

【白河三大グルメ】観光キャンペーンクルーのオススメ/ご当地観光課のいいねvol.39(白河市)
透き通ったスープ。松平定信公の奨励品。そしてダルマの焼印。三大グルメのヒントです(^_^)
続きはこちらの映像から!

【かみのやまロール】上山の味をまるごと堪能!/ご当地観光課のいいね!vol.38(上山市)
生地をふっくら香り豊かに仕上げるのは、県産米「つや姫」と上山産「ラ・フランス」。体に優しい「ラ・フランスこんにゃく」を包むのは山形の花「紅花」入りのホイップクリーム。これを銘菓「上山かりんとう」製のスプーンでいただけば、上山の味をまるごと堪能できちゃいます!

【まめぶ汁】食べたらじぇじぇじぇ!/ご当地観光課のいいね!vol.37(久慈市)
昆布に煮干し、根菜の出汁にクルミと黒砂糖が入った団子。あまいのか、しょっぱいのか??よぐわがんねぇげどうんめー(アキちゃん風に)のが「まめぶ汁」なのです!

【うに弁当】夏ばっぱのモデルはこの方でした!/ご当地観光課のいいね!vol.36(久慈市)
ふたを開けると、黄金色の輝きに目がくらむ。磯の香りがふわっと鼻を通り抜ける。一つ一つ、お母さんが手作りする「うに弁当」。そのお母さんが、あの「夏ばっぱ」のモデルなんだとか!

【横丁の聖地】大人のアミューズメントパーク/ご当地観光課のいいね!vol.35(八戸市)
8つの横丁が網の目のように張り巡らされる八戸市中心部。せんべい汁にそばかっけ、午­後イカ。そしてやっぱり、お店の人との語らいが何よりのオススメ。大人のアミューズメ­ントパーク・横丁の聖地は八戸にありましたー!

【横手雪まつり】この日ばかりは、やたら熱い/ご当地観光課のいいね!vol.34(横手市)
街中を幻想的な灯りに包む「かまくら」。バレンタインデーには「ラブ♥かま」が二人の愛を包み込みます(^_^) かまくらと双璧をなす伝統行事「ぼんでん」も映像からcheck!

【横手やきそば】半熟目玉焼きをからめて食べよう/ご当地観光課のいいね!vol.33(横手市)
焼きそばではなくやきそば。紅しょうがではなく福神漬け。こだわりたっぷりの横手やきそばは、半熟目玉焼きをからめて食べるのが地元流(^_^)

【大高森】カジュアルトレッキングの果てに絶景あり/ご当地観光課のいいね!vol.32(東松島市)
散策路を進むこと20分。頂上から見渡す360℃の大パノラマは、ちょっときつい坂を登っても、一見の価値あり(^_^)

【せんべい汁】かっこいいせんべいの割り方とは!/ご当地観光課のいいね!vol.31(八戸市)
今日は、すっかりメジャーになった「八戸せんべい汁」にいいね!地元の人がオススメする、かっこいいせんべいの割り方とは!?続きはこちらの映像から!

【こたつ列車】来てよその日を飛び越えて♪/ご当地観光課のいいね!vol.30(久慈市)
あのお座敷列車は冬季間、こたつ列車に早変わり。海女にウニ丼に、特別ゲストなもみも登場!続きはこちらの映像から!

【八戸えんぶり】五穀豊穣を願う、祈りの舞/ご当地観光課のいいね!vol.29(八戸市)
やってきました東北冬まつりシーズン!まずは八戸市観光課から、五穀豊穣を願う祈りの舞、八戸えんぶりにいいね!寒いけどアツイ、八戸えんぶりの舞はこちらから!

【復活、皇室献上の海苔】新商品もあるよ!/ご当地観光課のいいね!vol.28(東松島市)
東日本大震災で壊滅的な被害を受けた東松島市の沿岸部。ほとんどの方が仮設住宅暮らしを余儀なくされる中、幾多の困難を乗り越えて、皇室献上の海苔が復活しました。そして新商品、海苔〇どんも!続きはこちらの映像から!

【牡蠣のふるさと】おいしさの秘密に迫る/ご当地観光課のいいね!vol.27(東松島市)
今日は東松島市商工観光課から、今が旬の牡蠣にいいね!改め、イート(eat)!東松島産の牡蠣がなぜこんなにもウマいのか、その秘密はこちらの映像から!

【相馬中村神社】午年は野馬追ゆかりの神社に/ご当地観光課のいいね!vol.25(相馬市)
ご当地観光課のいいね!秋ver.の締めくくりは、相馬野馬追の出陣式が行われる「相馬中村神社」にいいね!境内では、出陣する神馬と触れ合うことも。来年は午年、野馬追ゆかりの神社にお参りして、ご利益をいただこう!

【サンファンパーク】デートにもオススメ/ご当地観光課のいいね!vol.24(石巻市)
今日は石巻市商工観光課から。支倉常長が見たイタリア広場をイメージして作られた「サンファンパーク」にいいね!復興とみんなの未来を願って設置されたドリームベルを鳴らせば、2人の夢もきっとかなう!12/13からサン・ファン・イルミネーションツリー、はじまるよ(^_^)/

【大森山動物園ミルヴェ】触れるヴェ、癒されるヴェ/ご当地観光課のいいね!vol.23(秋田市)
今日は秋田市観光物産課から、野生動物の特徴的な行動が間近に体験できる「行動展示」や動物との「ふれあい」を重視した「大森山動物園」にいいね!愛称の「ミルヴェ」は、見に行こうねーの意です(^_^)/ミルヴェ、触れるヴェ、癒されるヴェ~、続きはこちらの映像から!

 

【サン・ファン館】震災を乗り越え再オープン/ご当地観光課のいいね!vol.22(石巻市)
ときは西暦1613年。伊達政宗の命を受け、石巻を出帆。日本で初めて太平洋・大西洋横断を成し遂げた人はだ~れだ?今日は、石巻市商工観光課から、派遣400周年のメモリアルかつ、世界記憶遺産に登録が決定した慶長遣欧使節がまるごと味わえる「サン・ファン館」にいいね!震災を乗り越え、11月3日に再オープンしました!

 

【エリアなかいち】秋田のいいね!が集まる場所/ご当地観光課のいいね!vol.21(秋田市)
今日は秋田市観光物産課から、中通1丁目にある「なかいち」、中心部にもう1度賑わいをという思いが込められた「なかいち」にいいね!祭りにコンサートに買い物に美術館に、などなど秋田のいいね!がぎゅっと詰まったエリアなかいちは、駐車場&Free WiFiも完備です(^_^)/

【石ノ森萬画館】仮面ライダーの世界を満喫/ご当地観光課のいいね!vol.20(石巻市)
今日は石巻市商工観光課から、「石ノ森萬画館」をいいね!震災を乗り越え、パワーアップして今年の3月に再オープン。歴代ライダーのマスクを眺め、変身コーナーでライダーになれば、キミも、お父さんもきっと満足(^_^)/ ロボコンも009も待ってるよ!

【赤れんが郷土館】秋田で感じる近代化の香り/ご当地観光課のいいね!vol.19(秋田市)
今日は秋田市観光物産課から「赤れんが郷土館」にいいね!バロック様式の吹き抜けホールで開かれるコンサートは、雰囲気ありますよー(^_^) 秋田で感じる近代化の香り、続きはこちらの映像から!


【石巻の牡蠣】うんめぇヨ♥/ご当地観光課のいいね!vol.18(石巻市)
今日は石巻市観光課から、寒くなると一段と美味しくなる牡蠣にいいね!脂肪が少なく、鉄分がダントツに高い石巻の牡蠣、世界三大漁場の豊かな環境と、生産者の皆さんのたゆまぬ努力で育まれてきました。石巻の牡蠣、うんめぇヨ♥続きはこちらの映像から!


【とおの物語の館】昔話を体験しよう!/ご当地観光課のいいね!vol.17(遠野市)
今日のご当地いいね!は今年の4月にオープンした「とおの物語の館」。昔話の道具をさわると、勝手に影が動き出す?語り部の話に耳を傾ける、柳田國男の足跡をたどる。楽しみ形いろいろの、とおの物語の館。続きはこちらの映像から!

 

【復興チャレンジ丼】松川浦に来たらいいべした!/ご当地観光課のいいね!vol.16(相馬市)
今日のご当地いいね!は相馬市観光課から。たとえ地元の魚は提供できなくとも、漁業が盛んな相馬のイメージは、復興の灯りは絶やさない。願いを込めた復興チャレンジ丼、続きはこちらの映像から!復興チャレンジ丼第5弾は、11/30までです(^_^)/

 

【涼ヶ岡八幡神社】合格祈願に相馬日光/ご当地観光課のいいね!vol.15(相馬市)
今日は相馬市商工観光課から、”相馬日光”の異名をとる涼ヶ岡八幡神社にいいね!
桜に­紅葉、そして競争に打ち勝つ、合格祈願の神様としても有名です(^_^)

【老舗めぐり】老舗企業率No.1の山形を街歩き/ご当地観光課のいいね!vol.14(山形市)
創業100年を超える老舗企業の割合、日本一の山形。今日は山形市観光物産課から「老舗めぐり」にいいね!です(^_^)
伝統の味と匠の技を求めて街歩き、続きはこちらの映像から!

 

【花巻温泉】宮沢賢治も愛した湯/ご当地観光課のいいね!vol.13(花巻市)
今日は花巻市観光課から、あの宮沢賢治も、花巻農学校の教師時代、生徒たちを連れて湯浴みにきた花巻温泉をオススメ。
「先生この岩何す」「これは温泉の作用ですよ」(台川/宮沢賢治著)。そんなやり取りもあったのかな。紅葉もきれいな花巻温泉、続きはこちらの映像から!

 

【酸ヶ湯温泉】行こう八甲田(1585m)/ご当地観光課のいいね!vol.12(青森市)
今日は、青森市観光課から八甲田山&酸ヶ湯温泉をオススメ!初雪からの大雪になった青森ですが、紅葉が終わっても楽しさ満載です!さあみんな、行(1)こう(5)八(8)甲(5)田(1585m)!

 

【芋煮】花見と一緒で場所取りも大事/ご当地観光課のいいね!vol.11(山形市)
今日は山形市観光物産課から、秋の風物詩「芋煮会」をオススメ。仲間と川原で!6メートルの大鍋で!山形は醤油で!続きはこちらの映像から!
花見と一緒で、ポジショニングが大事だそうです。観光物産課の平川さん曰く「味は何と言っても醤油味」!山形と宮城で、意見が割れるところですね~(^_^;)


【愛宕山史跡】二宮尊徳が見守る紅葉の名所/ご当地観光課のいいね!vol.10(相馬市)
今日は相馬市商工観光課から愛宕山史跡の紅葉をオススメ!二宮尊徳って関東の人じゃなかったの?という方も、相馬と二宮さんとの関係が学べちゃう、紅葉と歴史の秋を堪能できる愛宕山史跡にぜひ(^_^)

 

【銀河鉄道の夜を巡るツアー】ほんとうのさいわいを見つける旅へ/ご当地観光課のいいね!vol.9(花巻市)
「僕もうあんな大きなやみの中だってこわくない。きっとみんなのほんとうのさいわいをさがしに行く」(銀河鉄道の夜)。あなたがジョバンニになってカムパネルラ号で行く「銀河鉄道の夜を巡るツアー」は銀河ステーションから出発(^_^) ほんとうのさいわいを見つける旅、続きはこちらの映像から!

 

【マルカンデパートの超Bigソフト】箸で食べるのが地元流/ご当地観光課のいいね!vol.8(花巻市)
今日は、花巻観光協会から超Bigなソフトクリームをオススメ(^_^)
あまりに大きいので、箸で食べるのが地元流だとか。マルカンデパート最上階にパラダイスあり、続きはこちらの映像から!

 

【蔵王】いつでもベストシーズン/ご当地観光課のいいね!vol.7(山形市)
今日は、春夏はトレッキング、秋はロープウェイで紅葉、冬はスキー!と、オールシーズンを楽しめる蔵王をオススメ!山形市観光物産課/山口さんのイチオシは、山形市内を一望できる「観松平」だそうです(^_^)

 

【浅虫温泉】棟方志功が愛した椿館/ご当地観光課のいいね!vol.6(青森市)
「わだばゴッホになる」。今日は青森市観光課から、世界に誇る板画家/棟方志功が愛した浅虫温泉をオススメ(^_^) 椿館では志功の作品も鑑賞できるよ、続きはこちらの映像から!

 

【千秋公園】あんべいいスポット/ご当地観光課のいいね!vol.5(秋田市)
今日は秋田市観光物産課から「千秋公園」をオススメ(^_^)
桜に紅葉に歴史を学びに。ふらっと立ち寄るスポットとしても。あんべいいのが、千秋公園です。
続きはこちらの映像から!

 

【七福神ウォーク】知って納得、巡って満腹、集めて開運!/ご当地観光課のいいね!vol.4(山形市)
今日は、山形市観光物産課から「七福神ウォーク」のオススメ(^_^)
城下町/山形の歴史やグルメをたどり七福神にお参りすれば...知って納得、巡って満腹、集めて開運!さあ、あなたも七福神護符(ゴールド)をGETしちゃおう!七福神ウォークは12/1まで!年内の開運を目指すなら、続きはこちらの映像から!

 

【八甲田丸】北の旅情にどっぷり浸ろう!/ご当地観光課のいいね!vol.3(青森市)
昭和30年代を再現した「青函ワールド」で当時を思い浮かべ、歌謡碑であの歌を聴きながら八甲田丸を眺めれば...北の旅情にどっぷりと浸れること間違いなし!日本初の鉄道連絡船ミュージアムもあるよ、続きはこちらの映像から!!

 

【アップルヒル】旬のりんごもぎ体験/ご当地観光課のいいね!vol.2(青森市)
今日は、青森市観光課から旬のりんごもぎ体験のオススメ(^_^)これからは、果汁が豊富で歯触りシャキシャキ「ふじ」の季節です!
地元じゃ、りんごは「狩る」んじゃなくて「もぐ」んだぜ!続きはこちらの映像から!

 

【ねぶたの家ワ・ラッセ】魅力をアツく解説します!/ご当地観光課のいいね!vol.1(青森市)
東北のご当地観光課が総力を挙げて、地元のオススメ情報をお届けする”ご当地観光課のいいね!”、今日からスタートです!第1弾は、青森市観光課のガガシコガン太郎さんとPRキャラクターねぶたんが、「ねぶたの家ワ・ラッセ」の魅力をお届け(^_^)