芹沢の滝跡 郡山・磐梯熱海

37.2823753,140.3578033
Google乗り換え案内

松尾芭蕉と河合曽良の二人は、奥の細道の旅で須賀川市に7泊8日滞在しました。
旧暦4月22日(陽暦6月9日)~4月29日(陽暦6月16日)の滞在のうち、4月27日(陽暦6月14日)に芹沢の滝を訪れました。もともとは現在の場所から東南へ50メートル程の場所にありましたが、県道改良工事のため平成4年11月に移設され、現在水は流れておりません。 文久元年(1861年)新田開発のため芹沢の滝が修繕された際に、この開発を行った 柳沼福秀 が須賀川の俳人 市原たよ女 と 山野辺清民(やまのべせいみん) の2人に開発記念の句を依頼し、詠まれた句「住古(そのかみ)の 五月雨の滝 これぞ此(これ)  市原たよ女」「五月雨を 田に引瀧の 水かさ哉  山野辺清民」の句碑がこの地に設置されています。


所在地 須賀川市五月雨
お問合せ先 0248-88-9144
アクセス 東北自動車道 須賀川ICから車で6分、東北本線 須賀川駅から車で10分
料金 無料
URL http://www.sukagawa-kankoukyoukai.jp/midokoro/hosomichi.html