鹿狼山 南相馬・新地エリア

37.8616676,140.8617401
Google乗り換え案内

新地町のシンボルでもある鹿狼山(標高430m)は、この山に住んでいた手長明神が鹿と狼を連れていたことが名前の由来とされています。5つのコースが整備され、登山口から山頂までの登山道はいずれも1.5~2kmと登りやすく、頂上からは東に太平洋、西に蔵王連峰の絶景を見渡すことができます。春はカタクリやアズマイチゲなどの草花、夏は眩しい新緑とタマアジサイの群生、秋は紅葉やイチョウなど紅葉とそれらに彩られた登山道を楽しむことができます。冬は初日の出を頂上で拝むイベントもあり町内外問わず大勢の方々で賑わいます。


所在地 新地町杉目字飯樋
お問合せ先 福島県相馬郡新地町谷地小屋字樋掛田30
新地町観光協会
0244-62-2112
FAX 0244-62-3194
メール kanko@shinchi-town.jp
アクセス 常磐自動車道:山元ICより車で20分
JR常磐線:新地駅より車で5分
URL http://www.shinchi-town.jp