藩境塚 北上・西和賀

39.2648697,141.1156006
Google乗り換え案内

南部領と伊達領との境界をあらわすため、1642(寛永19)年に築かれました。奥羽山脈の駒ヶ岳頂上から東に延び、釜石市の唐丹(とうに)湾まで続いています。   塚は大塚と小塚とからなり、小塚は大塚の間を埋めるように築かれました。北上川の西側では、和賀町岩崎地区、上鬼柳地区(旧南部領)と、相去町の三十人町地区・成沢地区・滝の沢地区(旧伊達領)との境界線上に残されています。北上川の東側では、立花地区(旧南部領)と、稲瀬町地区、口内町地区(旧伊達領)との境界線上に残されています。


所在地 北上市相去町
お問合せ先 岩手県北上市立花14-62-2
北上市教育委員会 文化財課
0197-65-0098
アクセス ● 北上駅からバスで20分