気仙大工左官伝承館 大船渡・陸前高田エリア

39.0109978,141.6922455
Google乗り換え案内

気仙大工左官伝承館は、気仙大工左官の優れた建築技法を後世に伝えるために建設されました。
 明治初期の気仙地方の民家を想定し、当時の建築様式により、材料は全て気仙杉などの地元材を使用しています。
 母屋は木造平屋茅葺で大黒柱や丑もち梁は太い材料を使用し、重厚な小屋組と広々とした間取りは往時の人々の生活を偲ばすものです。


所在地 陸前高田市小友町字茗荷1-237