体験学習:秋田

海の恵みと「なまはげ」を体験しよう

■秋田県/男鹿市/真山・五里合海岸・戸賀海の恵みと「なまはげ」を体験しよう

体験内容: 男鹿の海で、地引き網を体験し漁の楽しさと海の幸の恵みに触れる機会とし 真山伝承館・なまはげ館では、男鹿地方に伝わる「なまはげ」風習を体感し なまはげの奥深さと真のなまはげについて学ぶことが出来る。

体験施設: ●地引き網/五里合海水浴場 ●なまはげ/なまはげ館・伝承館
問い合わせ窓口: 男鹿市観光協会
受入期間 : なまはげ館 通年/地引網体験 7月~9月頃まで(※要ご相談)
受入可能人数: 1回 80名程度
所要時間 : なまはげ館・伝承館  90分  地引網  60分程度
体験学習対象者: 小学生~高校生
期待される学習効果: 何故これまで、なまはげ行事が継承されてきたのか、又現在まで受け継が海の恵みと「なまはげ」を体験しようれて来たのかを深く学習することが出来る。地引網漁では、海の恵みの有り難さや大切さを知ることが出来る。石油資料館では、石油備蓄の大切さや石油資源について学ぶことが出来る。

先生方、旅行社教育旅行担当への一言:
首都圏などの市立中学校や北海道の中学校などで実施済み。

詳細情報

■ジャンル 体験学習/漁業体験 伝統芸能
■市町村名 秋田県男鹿市
■エリア名 秋田県/男鹿市/真山・五里合海岸・戸賀
■プログラムタイトル 海の恵みと「なまはげ」を体験しよう
■体験学習実施個所 ●地引き網/五里合海水浴場 ●なまはげ/なまはげ館・伝承館
■経営形態 社団法人
■体験内容 男鹿の海で、地引き網を体験し漁の楽しさと海の幸の恵みに触れる機会とし 真山伝承館・なまはげ館では、男鹿地方に伝わる「なまはげ」風習を体感し なまはげの奥深さと真のなまはげについて学ぶことが出来る。
■体験施設住所 ●地引き網/五里合海水浴場 ●なまはげ/なまはげ館・伝承館
■宿泊1泊目、 2泊目 男鹿温泉郷 ホテル
男鹿温泉郷 ホテル
■問い合わせ窓口 男鹿市観光協会
■問い合わせ住所 〒010-0511 秋田県男鹿市船川港新浜町1-1
■問い合わせTEL/FAX 【TEL】 0185-24-4700 【TEL】 0185-24-5700
■URLアドレス http://www.namahage.ne.jp/ogakk/
■E-mailアドレス ogakk@namahage.ne.jp
■受入期間 なまはげ館 通年/地引網体験 7月~9月頃まで(※要ご相談)
■受入可能時間 8:00~17:00
■受入可能人数 1回 80名程度
■所要時間 なまはげ館・伝承館  90分  地引網  60分程度
■体験学習対象者 小学生~高校生
■モデルコース
1日目
【1日目】昭和男鹿半島IC → なまはげ伝承館・なまはげ館 → 入道崎夕陽見学(半島最先端からの日本海に沈む夕陽を満喫) → 男鹿温泉宿泊
2日目
【2日目】引き網体験(五里合海岸で地引き網体験)  →   水産振興センターで魚について学ぶ → 石油備蓄基地見学(巨大な半地下石油タンクを体感) →   石油資料館(基地の規模や模型を使って分かりやすく石油資源について解説) →  男鹿温泉宿泊
3日目
【3日目】宿舎出発  秋田市 自主研修  → 秋田南IC
■体験学習プログラムの紹介 なまはげ文化に触れ男鹿半島の海洋資源について学ぼう。
■総費用 2泊3日  宿泊代/15,000円  有料施設/なまはげ館  15~30人未満/400円  30人以上/300円  その他の施設は、無料。 地引き網/1回 30,000円
■体験学習プログラムの背景 国指定の重要無形文化財であるなまはげ本来の意味を正しく理解することでなまはげの奥深さや風習について考えることが出来る。 地引き網漁では、生徒が力を合わせ物事を成し遂げる大切さや収穫の喜びを通して資源の大切さを学ぶことが出来る。
■期待される学習効果 何故これまで、なまはげ行事が継承されてきたのか、又現在まで受け継がれて来たのかを深く学習することが出来る。地引網漁では、海の恵みの有り難さや大切さを知ることが出来る。石油資料館では、石油備蓄の大切さや石油資源について学ぶことが出来る。
■事前学習の内容 なまはげの資料や石油備蓄資料館については、事前学習資料ノートを提供可能。
■事前学習資料 男鹿の総合観光パンフレットや協議会が作成した体験学習ファイルなど。
■講師の派遣の可能性 なまはげ館では、専門解説員が親切丁寧に解説してくれます。又、館内では、なまはげに扮することも出来ます。
■教育カリキュラムとの関連 文化・環境学習のテーマに関連しています。
■事後学習の素材
■先生に対してひとこと 首都圏などの市立中学校や北海道の中学校などで実施済み。