体験学習:青森

津軽の伝統芸能:津軽三味線を学ぶ 1

■青森県/弘前市・津軽藩ねぷた村津軽の伝統芸能:津軽三味線を学ぶ 1

体験内容: 津軽三味線の歴史や構造の特徴などを知り、生演奏も間近で鑑賞します。普段はなかなかふれることのない津軽三味線を実際に手にとり、音出しを体験します。

体験施設: 弘前市亀甲町
問い合わせ窓口: 津軽藩ねぷた村
受入期間 : 通年
受入可能人数: 5~40人
所要時間 : 75分
体験学習対象者: 学生のみ
期待される学習効果: ●津軽の風土が育んだ伝統芸能の魅力を感じる。●和楽器としての津軽三味線に関する知識を得る。●津軽の伝統的な楽器に触れ、実際の演奏を間近に聴くこと で、地域伝統芸能への関心を高める。●本場の演奏を聴き、実際に音出しするという体験を通じて、音楽を愛する心情を育てる。●伝統的な音楽文化を理解し、 尊重する態度を育成する。

先生方、旅行社教育旅行担当への一言:
津軽藩ねぷた村は、弘前城(弘前公園)のすぐ近くにあり、津軽・弘前をまるごと体験できる施設です。教育旅行の受入れは25年以上の実績があり、民工芸制 作体験、郷土芸能体験、津軽弁講座、農作業体験など様々なメニューが充実しています。最近は、津軽三味線青森県協議会の協力による津軽三味線体験が生徒さ んに好評です。学校からのご要望に合わせた体験内容のコーディネートは得意分野です。何なりとお問い合せ下さい。

詳細情報

■ジャンル 体験学習/伝統芸能
■市町村名 青森県弘前市
■エリア名 青森県/弘前市・津軽藩ねぷた村
■プログラムタイトル 津軽の伝統芸能:津軽三味線を学ぶ 1
■体験学習実施個所 津軽藩ねぷた村
■経営形態
■体験内容 津軽三味線の歴史や構造の特徴などを知り、生演奏も間近で鑑賞します。普段はなかなかふれることのない津軽三味線を実際に手にとり、音出しを体験します。
■体験施設住所 弘前市亀甲町
■宿泊1泊目、 2泊目
■問い合わせ窓口 津軽藩ねぷた村
■問い合わせ住所 〒036-8332  弘前市亀甲町61
■問い合わせTEL/FAX 【TEL】 0172-39-1511 【 FAX】 0172-39-1212
■URLアドレス http://www.neputamura.com/
■E-mailアドレス info@neputamura.com
■受入期間 通年
■受入可能時間 9:00~17:00
■受入可能人数 5~40人
■所要時間 75分
■体験学習対象者 学生のみ
■モデルコース
1日目
2日目
3日目
■体験学習プログラムの紹介 津軽の伝統芸能:津軽三味線を学ぶ
■総費用 1,100円
■体験学習プログラムの背景 津軽三味線は、明治時代初期、津軽地方一帯を 門付けして歩いた「坊さま三味線」がルーツとされています。津軽三味線のたたきつけるような迫力のある奏法が生まれた背景は、吹雪の中の門付けでもよく聞 こえるようにするため、あるいはマイクのない時代、観客を満足させるためなど複数の説があります。豪快かつ繊細な奥深い音色の津軽三味線は、津軽の風土と 歴史が育んできた独特の伝統芸能と言えます。
■期待される学習効果 ●津軽の風土が育んだ伝統芸能の魅力を感じ る。●和楽器としての津軽三味線に関する知識を得る。●津軽の伝統的な楽器に触れ、実際の演奏を間近に聴くことで、地域伝統芸能への関心を高める。●本場 の演奏を聴き、実際に音出しするという体験を通じて、音楽を愛する心情を育てる。●伝統的な音楽文化を理解し、尊重する態度を育成する。
■事前学習の内容 事前学習については、ご相談に応じますので事前にお問合せください。
■事前学習資料
■講師の派遣の可能性
■教育カリキュラムとの関連
■事後学習の素材
■先生に対してひとこと 津軽藩ねぷた村は、弘前城(弘前公園)のすぐ 近くにあり、津軽・弘前をまるごと体験できる施設です。教育旅行の受入れは25年以上の実績があり、民工芸制作体験、郷土芸能体験、津軽弁講座、農作業体 験など様々なメニューが充実しています。最近は、津軽三味線青森県協議会の協力による津軽三味線体験が生徒さんに好評です。学校からのご要望に合わせた体 験内容のコーディネートは得意分野です。何なりとお問い合せ下さい。