体験学習:青森

青森の祭:ねぶた、ねぷたを学ぶ 1

■青森県/五所川原市・立佞武多の館青森の祭:ねぶた、ねぷたを学ぶ 1

体験内容: スタッフの説明を受けながら高さ20mをこす立佞武多を見学します。その後、作業時期に応じて、実際に出陣する立佞武多の製作を体験するか、あるいは金魚ねぷたの製作を体験します。

体験施設: 五所川原市大町
問い合わせ窓口: 立佞武多の館
受入期間 : 通年
受入可能人数: 製作体験については40人程度
所要時間 : 40分~100分
体験学習対象者: 小学生~一般
期待される学習効果: ●青森の伝統的な「ねぶた」にふれ、地域の歴史や生活文化、祭りに込められた人々の想いを学ぶ。●ねぶたという郷土の祭りについて学び、体験することを通じて、自分たちの地域への関心と理解を深める。

先生方、旅行社教育旅行担当への一言:
明治時代、五所川原の町では、高さ20mを越す天をつくような巨大ねぷたが運行されていた。平成10年、一世紀の時を越えて立佞武多が町中を練り歩き、情熱と感動がよみがえった。あれから10年、8月のお祭りに150万人を超す人が押し寄せ、全国に誇れるお祭りとなった。立佞武多の館は、巨大な立佞武多が3台展示されているほか、立佞武多の製作体験ができ、一年中お祭り気分が体験できる施設です。ぜひ来館をお待ちしています。

詳細情報

■ジャンル 体験学習/祭
■市町村名 青森県五所川原市
■エリア名 青森県/五所川原市・立佞武多の館
■プログラムタイトル 青森の祭:ねぶた、ねぷたを学ぶ 1
■体験学習実施個所 立佞武多の館
■経営形態
■体験内容 スタッフの説明を受けながら高さ20mをこす立佞武多を見学します。その後、作業時期に応じて、実際に出陣する立佞武多の製作を体験するか、あるいは金魚ねぷたの製作を体験します。
■体験施設住所 五所川原市大町
■宿泊1泊目、 2泊目
■問い合わせ窓口 立佞武多の館
■問い合わせ住所 〒037-0063  五所川原市大町21-1
■問い合わせTEL/FAX 【TEL】 0173-38-3232 【 FAX】 0173-38-4646
■URLアドレス http://www.tachineputa.jp/
■E-mailアドレス info@tachineputa.jp
■受入期間 通年
■受入可能時間 製作体験10:00~17:00
■受入可能人数 製作体験については40人程度
■所要時間 40分~100分
■体験学習対象者 小学生~一般
■モデルコース
1日目
半日コース:立佞武多の館で見学や製作体験→浅虫温泉各宿泊先到着→夕食後→浅虫温泉ねぶた運行体験
2日目
3日目
■体験学習プログラムの紹介 青森の祭:ねぶた・ねぷたを学ぶ
■総費用 立佞武多の館 展示室 中学生300円 高校生500円(団体20人以上10%引き)、製作体験100円~1,000円
■体験学習プログラムの背景 青森県では、「青森ねぶた」の他にも各地で様々なねぶた祭りが開催されています。囃子方のかけ声は五所川原は「ヤッテマレ」。合戦中のかけ声に由来すると言われています。五所川原立佞武多は、高さが20mを超える巨大な山車が運行されます。1993年に明治・大正期の立佞武多の設定図の一部が発見され、これをもとに製作しようという運動が始まり、1998年の夏祭りで八十数年ぶりに蘇りました。ねぶた祭には、人々の想いや願いが込められているのです。
■期待される学習効果 ●青森の伝統的な「ねぶた」にふれ、地域の歴史や生活文化、祭りに込められた人々の想いを学ぶ。●ねぶたという郷土の祭りについて学び、体験することを通じて、自分たちの地域への関心と理解を深める。
■事前学習の内容
■事前学習資料
■講師の派遣の可能性
■教育カリキュラムとの関連
■事後学習の素材
■先生に対してひとこと 明治時代、五所川原の町では、高さ20mを越す天をつくような巨大ねぷたが運行されていた。平成10年、一世紀の時を越えて立佞武多が町中を練り歩き、情熱と感動がよみがえった。あれから10年、8月のお祭りに150万人を超す人が押し寄せ、全国に誇れるお祭りとなった。立佞武多の館は、巨大な立佞武多が3台展示されているほか、立佞武多の製作体験ができ、一年中お祭り気分が体験できる施設です。ぜひ来館をお待ちしています。