体験学習:青森

青森の祭:ねぶた、ねぷたを学ぶ 2

■青森県/青森市・浅虫温泉青森の祭:ねぶた、ねぷたを学ぶ 2

体験内容: 青森の代表的な祭「ねぶた」を学び、運行を実際に体験します。旅館の中で説明を受け、運行の準備を行い、それぞれの役割分担(笛・太鼓・カネ・ハネト等)を決め、一般の観光客も見守る中で、ねぶたの運行体験を行います。

体験施設: 青森市大字浅虫
問い合わせ窓口: 青森観光コンベンション協会浅虫支部
受入期間 : 4月~10月
受入可能人数: 20人~300人
所要時間 : 30分~2時間
体験学習対象者: 中学生
期待される学習効果: ●ねぶたという郷土の祭りについて学び、体験することを通じて、自分たちの地域への関心と理解を深める。●ねぶたの運行体験を通じて、達成感や感動、「ねぶた」のパワーを味わうとともに役割分担と協力の大切さを学ぶ。

先生方、旅行社教育旅行担当への一言:

詳細情報

■ジャンル 体験学習/祭
■市町村名 青森県青森市大字浅虫
■エリア名 青森県/青森市・浅虫温泉
■プログラムタイトル 青森の祭:ねぶた、ねぷたを学ぶ 3
■体験学習実施個所 浅虫温泉
■経営形態
■体験内容 青森の代表的な祭「ねぶた」を学び、運行を実際に体験します。旅館の中で説明を受け、運行の準備を行い、それぞれの役割分担(笛・太鼓・カネ・ハネト等)を決め、一般の観光客も見守る中で、ねぶたの運行体験を行います。
■体験施設住所 青森市大字浅虫
■宿泊1泊目、 2泊目 浅虫温泉内のホテル・旅館
■問い合わせ窓口 青森観光コンベンション協会浅虫支部
■問い合わせ住所 〒039-3501 青森市大字浅虫字蛍谷341-19
■問い合わせTEL/FAX 【TEL】 017-752-3250 【 FAX】 017-752-3111
■URLアドレス http://www.asamushi.com
■E-mailアドレス asamusi@asamusi.net
■受入期間 4月~10月
■受入可能時間 18:00~21:00
■受入可能人数 20人~300人
■所要時間 30分~2時間
■体験学習対象者 中学生
■モデルコース
1日目
半日コース:立佞武多の館(五所川原市)または青森自然公園ねぶたの里(青森市)で見学や製作体験→浅虫温泉各宿泊先到着→夕食後→浅虫温泉ねぶた運行体験
2日目
3日目
■体験学習プログラムの紹介 青森の祭:ねぶた、ねぷたを学ぶ
■総費用 浅虫温泉ねぶた運行体験:基本料金50,000円+200円×参加人数
■体験学習プログラムの背景 青森ねぶたは、東北の夏を代表する祭りの一つ で、1980年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。「ねぶた」の起源は、みそぎの行事「七夕」に行われる「眠り流し」の灯篭流しに由来するという のが一般的です。秋の収穫期を前に、労働を妨げる睡魔をはらうために行われたとも言われています。「ねぶた」を製作する人を「ねぶた師」といい、ねぶた師 は、ねぶた祭りが終わるとすぐ来年の構想に入ります。祭りを待ち望む多くの市民や団体のボランティア活動も盛んです。
■期待される学習効果 ●ねぶたという郷土の祭りについて学び、体験することを通じて、自分たちの地域への関心と理解を深める。●ねぶたの運行体験を通じて、達成感や感動、「ねぶた」のパワーを味わうとともに役割分担と協力の大切さを学ぶ。
■事前学習の内容 紹介ビデオの提供と笛の楽譜の貸し出しを行っています。
■事前学習資料 体験事例紹介ビデオテープなど
■講師の派遣の可能性
■教育カリキュラムとの関連
■事後学習の素材
■先生に対してひとこと