体験学習:福島

宇宙と大地の神秘って何だろう

 

■福島県/郡山エリア宇宙と大地の神秘って何だろう

体験内容: 夜空にきらめく無数の星と、鍾乳石の種類・数の多さでは東洋一といわれているあぶくま洞を持つ田村市。天文台での星空鑑賞と鍾乳洞観察を通して、科学や地質学への興味・関心を深めるとともに、豊かな感性や探究心を育みます。

体験施設: 田村市 星の村天文台、あぶくま洞
問い合わせ窓口: (財)滝根町観光振興公社
受入期間 : 5月~10月
受入可能人数: 星の天文台 60名、あぶくま洞 無制限
所要時間 : 星の天文台 2時間、  あぶくま洞 2時間
体験学習対象者: 小学生~一般
期待される学習効果: 現代人が考える時間の感覚を疑ってみる体験です。宇宙的時間の流れや太古の地球がどのような姿をしていたのか、人間が住んでいる地球は実は偶然の産物であったことを考えて、環境問題への関心を高めます。

先生方、旅行社教育旅行担当への一言:
星の村天文台は標高650mの高原にあるだけに、星空観察には絶好の場所です。例えば若い星や年老いた星などを望遠鏡で見ることにより、身近な太陽の一生を学習できます。

詳細情報宇宙と大地の神秘って何だろう

■ジャンル 体験学習/星空と鍾乳洞観察
■市町村名 福島県田村市
■エリア名 福島県/郡山エリア
■プログラムタイトル 宇宙と大地の神秘って何だろう
■体験学習実施個所 星の村天文台、あぶくま洞
■経営形態 公社
■体験内容 夜空にきらめく無数の星と、鍾乳石の種類・数の多さでは東洋一といわれているあぶくま洞を持つ田村市。天文台での星空鑑賞と鍾乳洞観察を通して、科学や地質学への興味・関心を深めるとともに、豊かな感性や探究心を育みます。
■体験施設住所 田村市 星の村天文台、あぶくま洞
■宿泊1泊目、 2泊目 田村市近郊
田村市近郊のホテル・旅館
■問い合わせ窓口 (財)滝根町観光振興公社
■問い合わせ住所 〒963-3601 田村市滝根町菅谷字東釜山1
■問い合わせTEL/FAX TEL 0247-78-2125 FAX 0247-78-2127
■URLアドレス 田村市の観光ページ
■E-mailアドレス takine-abukumadou@city.tamura.lg.jp
■受入期間 5月~10月
■受入可能時間 星の村天文台9:00~17:00、あぶくま洞8:30~17:00
■受入可能人数 星の天文台 60名、あぶくま洞 無制限
■所要時間 星の天文台 2時間、  あぶくま洞 2時間
■体験学習対象者 小学生~一般
■モデルコース
1日目
1日目 郡山IC → 郡山市ふれあい科学館(スペースパーク見学)→ 小野IC →星の村天文台プラネタリウム鑑賞 → 仙台平キャンプ場 → 仙台平キャンプ場 → 星の村天文台星空観察 →キャンプ場宿泊
2日目
2日目 キャンプ場発 → 星の村天文台太陽観察 → あぶくま洞(レクチャー) → 入水鍾乳洞(ケービング体験) → コース選択 ①いわき市アンモナイトセンター、海竜の里センターで化石発掘体験 ②東京電力福島原子力、火力発電所見学 → いわき湯本温泉宿泊
3日目
3日目 いわき湯本温泉発 → いわき市石炭化石館見学 → アクアマリンふくしま見学 → 帰路
■体験学習プログラムの紹介 宇宙と太古の地球を感じる ⇒あぶくま洞 星の村
■総費用 2泊4食付1人16000円程度(キャンプ場+ホテル旅館宿泊料、各入場料、体験費用等を含む)平成17年現在
■体験学習プログラムの背景 夜空にきらめく無数の星と、鍾乳石の種類・数の多さでは東洋一といわれているあぶくま洞を持つ田村市。天文台での星空鑑賞と鍾乳洞観察を通して、科学や地質学への興味・関心を深めるとともに、豊かな感性や探究心を育みます。宇宙と地球の姿、そして未来の地球やエネルギー問題など、教室内では実感できない体験を味わうことが出来ます。
■期待される学習効果 現代人が考える時間の感覚を疑ってみる体験です。宇宙的時間の流れや太古の地球がどのような姿をしていたのか、人間が住んでいる地球は実は偶然の産物であったことを考えて、環境問題への関心を高めます。
■事前学習の内容 宇宙的な距離や時間の感覚、鍾乳洞や化石の出来る地球的時間の感覚を調べましょう。
■事前学習資料 ホームページ、ガイドブック
■講師の派遣の可能性 希望があれば対応可
■教育カリキュラムとの関連 体育、理科、美術に関連しています。
■事後学習の素材 観察した星をまとめてみる。鍾乳洞を見て思ったことをまとめてみる。
■先生に対してひとこと 星の村天文台は標高650mの高原にあるだけに、星空観察には絶好の場所です。例えば若い星や年老いた星などを望遠鏡で見ることにより、身近な太陽の一生を学習できます。