体験学習:福島

農家では毎日どんな仕事をしているのか?

■福島県/喜多方エリア農家では毎日どんな仕事をしているのか?

体験内容: お米や野菜、牛乳など私たちの生活に欠かせない食物を作っている農家の人たち。農家の仕事や生活を体験することで、様々な苦労や考えを学び、農家と食への関心を高めます。

体験施設: 喜多方市内農家
問い合わせ窓口: 喜多方市グリーン・ツーリズムサポートセンター
受入期間 : 4月~10月
受入可能人数: 300名
所要時間 : 1日~2日
体験学習対象者: 小学生~一般
期待される学習効果: 農業体験を通して、米や野菜などがどのように育てられているかを知り、農家の方々とのコミニュケーションを通して、農家の生活や地域現状について理解を深めます。

先生方、旅行社教育旅行担当への一言:

農業体験宿では、農作業の方法や目的を学ぶのはもちろん、農家の生活そのものを知ることができます。すばらしい人との出会いは貴重な財産となります。農家では毎日どんな仕事をしているのか?

詳細情報

■ジャンル 体験学習/農業
■市町村名 福島県喜多方市
■エリア名 福島県/喜多方エリア
■プログラムタイトル 農家では毎日どんな仕事をしているのか?
■体験学習実施個所 喜多方市内農家
■経営形態 民間
■体験内容 お米や野菜、牛乳など私たちの生活に欠かせない食物を作っている農家の人たち。農家の仕事や生活を体験することで、様々な苦労や考えを学び、農家と食への関心を高めます。
■体験施設住所 喜多方市内農家
■宿泊1泊目、 2泊目 会津地域のホテル、ペンション、キャンプ場
会津地域のホテル、ペンション、キャンプ場
■問い合わせ窓口 喜多方市グリーン・ツーリズムサポートセンター
■問い合わせ住所 〒966-0024 喜多方市熊倉町熊倉字大竹1364
■問い合わせTEL/FAX TEL・FAX 0241-24-4488
■URLアドレス グリーンツーリズム喜多方田舎体験
■E-mailアドレス k-gtss@akina.ne.jp
■受入期間 4月~10月
■受入可能時間 9:00~16:00
■受入可能人数 300名
■所要時間 1日~2日
■体験学習対象者 小学生~一般
■モデルコース
1日目
1日目 会津若松IC → ふれあい喜多方農業体験塾開校式 → 各農家で昼食・農業体験 → 閉校式 → 会津地域内の宿泊施設
2日目
2日目 宿泊施設発 → コース選択(①磐梯山登山、②雄国沼ハイキング、③自然観察ウォーキング 以上のコースにはツーリズムガイドが同行) → 会津地域内の宿泊施設
3日目
3日目 宿泊施設発 → 班別行動(会津若松市内・喜多方市内見学 ボランティアガイド同行) → 会津若松IC → 帰路
■体験学習プログラムの紹介 ふれあい農業体験⇒ http://nets.toppan.co.jp/kyoiku/travel/sel_details/sele315.html
■総費用 ペンション、旅館宿泊の場合 2泊4食付18000円程度(ふれあい農業体験料 半日コース3000円 昼食付を含む)
■体験学習プログラムの背景 喜多方市の農家に出向き、農家の仕事と生活を体験します。体験のための特別な準備はなく、日ごろの苦労や知恵を学ぶことができるプログラムです。作業の内容は、稲作、野菜作り、ハウス園芸、酪農など、農家によって異なり、さらに季節によって変わります。作業後は収穫した食材を使った料理が味わえます。
■期待される学習効果 農業体験を通して、米や野菜などがどのように育てられているかを知り、農家の方々とのコミニュケーションを通して、農家の生活や地域現状について理解を深めます。
■事前学習の内容 自分が体験する作業内容について調べてみる。農家の方に聞いてみたいことを考え、質問集を作ってみる。
■事前学習資料 学校の図書館にある農作物・酪農に関する資料
■講師の派遣の可能性 不可
■教育カリキュラムとの関連 社会、理科に関連しています。
■事後学習の素材 農業体験の感想を書いてみる。農家の方に質問して教わったことをクラス全体でまとめてみる
■先生に対してひとこと 農業体験宿では、農作業の方法や目的を学ぶのはもちろん、農家の生活そのものを知ることができます。すばらしい人との出会いは貴重な財産となります。