体験学習:宮城

野生動植物とのふれあい

■伊豆沼・内沼地域野生動植物とのふれあい

体験内容: 自然体験として伊豆沼・内沼で夏季には植物園内の池を利用し魚貝類の採集や観察,沼周辺でハス,ヒシ,アサザ等の水生植物の観察を行います。10月以降はマガンを始め渡り鳥のバードウオッチングを行います。その他市内でのグリンツーリズムによる各種農業体験も可能です。

体験施設: 宮城県栗原市
問い合わせ窓口: 宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団
受入期間 : 7月~2月
受入可能人数: 20名~30名
所要時間 : 2時間~4日(半日)
体験学習対象者: 小学生~中学生野生動植物とのふれあい
期待される学習効果: 伊豆沼・内沼に飛来する白鳥やガン,魚貝類等の水生生物及び植物の生態学習を通じて自然等の共生や環境保護について考えることができます。

先生方、旅行社教育旅行担当への一言: 

詳細情報

■ジャンル 体験学習/自然体験
■市町村名 宮城県栗原市
■エリア名 伊豆沼・内沼地域
■プログラムタイトル 野生動植物とのふれあい
■体験学習実施個所 植物園内・伊豆沼周辺
■経営形態 財団法人
■体験内容 自然体験として伊豆沼・内沼で夏季には植物園内の池を利用し魚貝類の採集や観察,沼周辺でハス,ヒシ,アサザ等の水生植物の観察を行います。10月以降はマガンを始め渡り鳥のバードウオッチングを行います。その他市内でのグリンツーリズムによる各種農業体験も可能です。
■体験施設住所 宮城県栗原市
■宿泊1泊目、 2泊目 若柳ウエットランド交流館(栗原市内の温泉等宿泊施設)
栗原市内の温泉等宿泊施設
■問い合わせ窓口 宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団
■問い合わせ住所 〒989-5504 栗原市若柳字上畑岡敷味17-2
■問い合わせTEL/FAX 【TEL】 0228-33-2216 【 FAX】 0228-33-2217
■URLアドレス http://www7.ocn.ne.jp/~izunuma/
■E-mailアドレス izunuma@circus.ocn.ne.jp
■受入期間 7月~2月
■受入可能時間 9:00~16:30
■受入可能人数 20名~30名
■所要時間 2時間~4日(半日)
■体験学習対象者 小学生~中学生
■モデルコース
1日目
築館IC→講話→巣箱作り(最大半日で自然体験・自然観察会ができます。)
2日目
宿舎出発→バードウオッチング→水生生物採集・観察 →マコモ植栽(ヨシ刈り)
3日目
宿舎出発→栗原市内体験見学(栗駒山・農業体験)→築館IC
■体験学習プログラムの紹介 ラムサール条約登録湿地伊豆沼・内沼の自然体験学習
■総費用 上記内容であれば無料(宿泊費用除く) 平成17年4月現在
■体験学習プログラムの背景 たくさんの野生動植物が生息している伊豆沼・内沼では,さまざまな保全活動が行われています。自然や保全活動をよくしるためのきっかけとして,沼でできる自然体験メニューを用意しています。
■期待される学習効果 伊豆沼・内沼に飛来する白鳥やガン,魚貝類等の水生生物及び植物の生態学習を通じて自然等の共生や環境保護について考えることができます。
■事前学習の内容
■事前学習資料
■講師の派遣の可能性
■教育カリキュラムとの関連 社会,理科,「総合的な学習の時間」の環境学習のテーマに関連しています。
■事後学習の素材 体験学習の写真撮影したものをCD-ROMで提供可能。
■先生に対してひとこと