観瀾亭 松島

38.3681602,141.0608673
Google乗り換え案内

政宗公が豊臣秀吉から拝領した伏見桃山城の茶室を、海路松島へ一木一石も変えずに移築したもの。別名「月見御殿」とも言われ歴代藩主のお休みどころだった。
障壁画は国指定重要文化財、建物は県指定文化財であり、秋には名月観賞会も開かれる。
また、隣接する「松島博物館」は政宗公の「伊達姿」が偲ばれる異色の大名道具の数々を陳列しています。


所在地 宮城郡松島町松島字町内56
お問合せ先 観瀾亭 松島博物館
022-353-3355
FAX 022-353-3355
アクセス ● 仙石線松島海岸駅から徒歩で3分
● 三陸自動車道松島海岸ICから車で5分
営業時間 見学時間:8:30 ~ 17:00 (11月~3月8:30~16:30)
休業日:無休
料金 団体割引条件:30名以上
大人:200円(団体割引:150円)
中学生:100円(団体割引:80円)
小学生:100円(団体割引:80円)
高校生:150円(団体割引:100円)