さとはま縄文の里「史跡公園」 石巻・女川・東松島エリア

38.3385582,141.1433716
Google乗り換え案内

 奥松島縄文村歴史資料館がある宮戸島里浜地区は4000年以上にわたって縄文人が暮らしていました。その遺跡である里浜貝塚の魅力をお伝えするのが『さとはま縄文の里 史跡公園』です。

 史跡公園から見渡せる風景は、縄文時代からほとんど変わらない姿を残しています。

 『さとはま縄文の里 史跡公園』は、この里浜らしさを活かすために、縄文人が残した生活の跡を極力いじらず、つくらないことを第一に、里浜縄文人が暮らした当時の景観を復原することをこころみ、縄文から現代につづく歴史と自然を体感し、縄文人の生活を追体験できる空間、そして貝塚だけではなく、里浜の海や森を肌で感じられる体験型野外博物館を目指しています。


所在地 東松島市宮戸字里
お問合せ先 宮城県東松島市宮戸字里81-18
奥松島縄文村歴史資料館
0225-88-3927
FAX 0225-88-3928
アクセス 三陸自動車道:鳴瀬奥松島ICから車で約15分

公園内に駐車場なし(奥松島縄文村歴史資料館駐車場利用、徒歩5分)
営業時間 貝層観察観
開館時間:午前9時~午後4時30分
定休日:水曜日、年末年始
料金 無料
URL http://www.satohama-jomon.jp/parkseibi/index.html