モデルコース

モデルコース

温泉めぐり2 名湯・名所をめぐる日本海シーサイドドライブ

温泉めぐり2 名湯・名所をめぐる日本海シーサイドドライブ

1日目

1日目は、新潟から山形へドライブしながら北上するコース。新潟のパワースポットや景勝地に立ち寄りながら、山形のあつみ温泉を目指そう。

  • 新潟・燕三条駅へ新幹線でIN!
  • 燕三条駅でレンタカーを借りる!
約30分/0円
  • 燕三条駅<一般道>彌彦神社
11:00~12:00

彌彦神社

新潟県最大のパワースポットで旅の安全を祈願

天照大神の曾孫にあたる「天香山命(あめのかごやまのみこと)」を御祭神とする越後一宮。霊峰弥彦山の麓で、樹齢400年以上の木々に囲まれた人気の観光スポットだ。さらにロープウェイで上った山頂にある「御神廟(奥の宮)」は、縁結びの名所としても知られる。

彌彦神社
TEL 0256-94-3154(弥彦観光協会)
住所 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2
アクセス 弥彦駅から車で約10分・徒歩で約15分
拝観時間 終日参拝可
定休日 無休
料金 入場無料
駐車場 あり
URL 公式サイト
約6分/0円
  • 彌彦神社<一般道>スカイライン入口交差点
12:00~13:00

弥彦山スカイライン

絶景を求めて弥彦山の山頂を目指そう

弥彦神社から弥彦山山頂まで続く、総延長13.7kmのドライブコース。車を停めて山頂駐車場から眼下に広がる日本海を眺めるのが、コースのハイライトだ。また、弥彦山頂公園には、高さ約100mの回転昇降展望塔「パノラマタワー」やレストランもあり、観光も楽しめる。

弥彦山スカイライン
TEL 0256-94-3154(弥彦観光協会)
住所 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦3606-1
アクセス 弥彦駅から車で約15分、北陸自動車「三条燕IC」から車で約30分
通行期間 4月上旬~11月下旬 ※冬期閉鎖
通行時間 5:00~23:00
料金 無料
駐車場 あり
URL 公式サイト
約1時間30分/1,850円
  • 弥彦山スカイライン<一般道>巻潟東IC<北陸自動車道/日本海東北
    自動車道>荒川胎内IC<日本海東北自動車道(無料区間)>村上瀬波温泉IC
15:00~

日本海パークライン

ふたつの温泉地をつなぐ海岸線をドライブ

新潟県村上市の瀬波温泉と、山形県鶴岡市のあつみ温泉をつなぐ全長約50kmのルート。道中では、名勝天然記念物「笹川流れ」と呼ばれる約11kmの景勝地が現れる。透明度の高い海水浴場や釣り場、キャンプ場、遊歩道などがあるおすすめの立ち寄りスポットだ。

日本海パークライン
TEL 0254-53-2111(村上市商工観光課)
住所 新潟県村上市~山形県鶴岡市温海
アクセス 日本海東北自動車道「村上瀬波温泉IC」から車で約35分(笹川流れまで)
通行期間 通年通行可
通行時間 終日通行可 ※桑川~板見間は大型車通行禁止
料金 無料
駐車場 あり(笹川流れ夕日会館、各海水浴場ほか)
URL 公式サイト
こちらもオススメ!

道の駅笹川流れ

夕日の名所で自分史上最高のサンセットを眺める

景勝地「山北・笹川流れ」と地元の食や物産品を楽しめる道の駅。最寄駅の桑川駅と陸橋で結ばれた全国的にも珍しい施設だ。敷地内にある夕日会館3階のサンセット展望台からは、粟島や佐渡島を含むパノラマが広がる。夕方に立ち寄り、感動的な夕日を眺めたい。

道の駅笹川流れ
TEL 0254-79-2017
住所 新潟県村上市桑川892-5
アクセス 桑川駅から徒歩すぐ、日本海東北自動車道「村上瀬波温泉IC」から
車で約40分
営業時間 9:00~17:30 ※季節により変動あり
定休日 水曜休、年末年始
料金 入場無料
駐車場 あり(48台)
URL 公式サイト
約1時間/0円
  • 村上瀬波温泉IC<一般道>あつみ温泉駅
18:00~

あつみ温泉

山形・庄内地方を代表する温泉地でくつろぐ

1000年以上の歴史をもつ温泉地。古くから松尾芭蕉や与謝野晶子など文人墨客が多く訪れ、詩歌にも詠われている。温泉街の中心には温海川が流れ、川沿いにある足湯に入りながら花見を楽しむことも。共同浴場や飲泉所などもあり、古きよき温泉地で運転疲れを癒そう。

あつみ温泉
TEL 0235-43-3547(あつみ観光協会)
住所 山形県鶴岡市湯温海甲306(あつみ観光協会)
アクセス あつみ温泉駅から車で約5分、日本海東北自動車道「あつみ温泉IC」から
車で約5分
営業時間 宿により異なる
定休日 宿により異なる
料金 宿により異なる
駐車場 宿により異なる
URL 公式サイト
  • あつみ温泉に宿泊

1日目は庄内の名湯「あつみ温泉」に宿泊。
ドライブで疲れた体を温泉で癒そう。

1日目のおもな費用(目安)
交通費 ・・・ 1,850円 入館料 ・・・ 0円
1,850円
2日目

2日目は、山形から秋田までのドライブトリップ。日本海沿岸にある観光スポットに立ち寄りつつ、休みながら進んで行こう。安全運転で2日目もスタート!

約1時間/650円
  • あつみ温泉<一般道>いらがわIC<日本海東北自動車道(無料区間)>
    鶴岡JCT<日本海東北自動車道>酒田みなとIC<一般道>十六羅漢岩
11:00~12:00

十六羅漢岩

日本海と対峙する自然岩に彫られた22尊像

吹浦海禅寺21代目・寛海和尚の指揮のもと、日本海の荒波で命を落とした漁師たちの供養と海上安全を願って地元の石工たちが作った磨崖仏。十六羅漢のほか、文殊菩薩や観音などあわせて計22体が彫られている。この規模で岩礁に刻まれた像は日本海側ではここだけ。

十六羅漢岩
TEL 0234-72-5666(遊佐鳥海観光協会)
住所 山形県飽海郡遊佐町吹浦西楯7-30(駐車場)
アクセス 吹浦駅から車で約5分、山形自動車道「酒田みなとIC」から車で約30分
営業時間 終日入場可
定休日 無休
料金 入場無料
駐車場 あり(120台)
URL 公式サイト
約2時間40分/1,450円
  • 十六羅漢岩<一般道>本荘IC<日本海東北自動車道(無料区間)>岩城IC
    <日本海東北自動車道>河辺JCT<秋田自動車道>昭和男鹿半島IC
    <一般道>なまはげ館
15:00~16:30

なまはげ館

男鹿の「ナマハゲ」について学べる文化施設

「泣く子はいねが」と大晦日に家々をめぐる来訪神、ナマハゲ。ナマハゲを生んだ男鹿半島の風土紹介をはじめ、地域で異なる面の展示、面や衣装を身につけ記念撮影できるナマハゲ変身コーナーなど多彩な展示が魅力だ。2013年4月待望のリニューアルオープン。

なまはげ館
TEL 0185-22-5050
住所 男鹿市北浦真山字水喰沢
アクセス 羽立駅から車で約15分、秋田自動車道「昭和男鹿半島IC」から
車で約40分、秋田フェリーターミナルから車で約50分
営業時間 8:30~17:00
定休日 無休
料金 一般500円、小・中高生250円、小学生未満無料
駐車場 あり(250台)
URL 公式サイト
約20分/0円
  • なまはげ館<一般道>男鹿温泉
17:00~

男鹿温泉

多彩なイベントが魅力の男鹿半島を代表する温泉地

男鹿半島の北側に位置し、秋田の奥座敷として親しまれる温泉郷。湯めぐりのほか、「秋田三味線ライブ」や4~11月まで定期催行の「なまはげ太鼓チーム 恩荷(おんが)」など地元文化に触れられるイベントが目白押し。近くには、夕日の名所である入道崎や男鹿水族館GAOなどもある。

男鹿温泉
TEL 0185-33-3191(男鹿温泉郷協同組合)
※9:00~17:00/土日祝休
住所 秋田県男鹿市北浦湯本字草木原21-2(男鹿温泉郷協同組合)
アクセス 秋田自動車道「昭和男鹿半島IC」から車で約1時間、
秋田駅からバスで約1時間15分「男鹿温泉」下車 徒歩すぐ
営業時間 宿により異なる
定休日 宿により異なる
料金 宿により異なる
駐車場 宿により異なる
URL 公式サイト
  • 男鹿温泉に宿泊

2泊目は男鹿半島の「男鹿温泉」に宿泊。
なまはげ太鼓ライブや、秋田三味線ライブなどで思い切り盛り上がろう!

2日目のおもな費用(目安)
交通費 ・・・ 2,100円 入場料など ・・・ 500円
2,600円
3日目

最終日は秋田から青森へ! 温泉ファン垂涎の温泉宿で日帰り温泉をいただき、鯵ヶ沢で絶品の焼きイカを味わうコース。日本海を目に心に焼きつけよう。

約2時間40分/0円
  • 男鹿温泉<一般道>黄金崎不老ふ死温泉
12:00~13:00

黄金崎不老ふ死温泉

日本海という絶景パノラマが広がる露天風呂

海に突き出すように海岸と一体化した海辺の露天風呂が人気の温泉宿。茶褐色のこってりしたお湯に浸かりながら、日本海の水平線や夕日を望むことは、多くの温泉ファンの憧れだ。日帰り入浴ももちろん可能で、海が見えるパノラマレストラン付きの専用施設もある。

黄金崎不老ふ死温泉
TEL 0173-74-3500
住所 青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15
アクセス 秋田自動車道「能代南IC」から車で約1時間30分、
艫作駅から車で約3分・徒歩で約15分
営業時間 立寄入浴の利用時間
本館内風呂8:00~21:00(最終受付は20:00)
新館内風呂10:30~14:00(最終受付は13:30)
海辺の露天風呂8:00~16:00(最終受付は15:30)
本館レストラン10:30~19:00(ラストオーダーは18:30)
新館レストラン11:00~14:00(ラストオーダーは13:30)
定休日 無休 ※海辺の露天風呂に限り、高波の場合は入浴不可
料金 立寄入浴施設の入館料
大人600円、子供300円
駐車場 あり(100台)
URL 公式サイト
約1時間15分/0円
  • 黄金崎不老ふ死温泉<一般道>鰺ヶ沢
14:30~15:30

鰺ヶ沢

イカの生干しをいただきながら海岸線をドライブ

鰺ヶ沢の海岸をドライブすると多く見かけるのが、イカの生干し。おなかがすいたら、国道101号のバイパスと旧街道の分岐点付近へ。通称「焼きイカ通り」で、肉厚で香ばしいイカをいただこう。特においしいといわれる季節は7~8月。ぜひ立ち寄ってみたい。

鰺ヶ沢
TEL 0173-72-5004(鰺ヶ沢町観光協会)
住所 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町本町246-4(鰺ヶ沢町観光協会)
アクセス 鰺ケ沢駅から車で約7分
URL 公式サイト
約1時間20分/0円
  • 鰺ヶ沢<一般道>新青森駅
  • 青森・新青森駅でレンタカーを乗り捨てし、新幹線でOUT!
3日目のおもな費用(目安)
交通費 ・・・ 0円 入館料 ・・・ 600円
600円
2泊3日のおもな費用(目安)
交通費 ・・・ 3,950円 入館料 ・・・ 1,100円
レンタカー代 ・・・ 48,825円
53,875円

※本プラン内に記載されている名称や料金は2013年2月現在のものです。名称や料金などは予告無く変更される場合がございます。予めご了承ください。

※本プラン内に記載されている費用は大人お1人様の料金となります。宿泊費、タクシー代は含んでおりません。

※本プランの交通費に含まれるレンタカー代の車種は、1200~1300ccの標準タイプを想定しています。

おもな見どころ

1日目

  • 彌彦神社
  • 弥彦山スカイライン
  • 日本海パークライン
  • あつみ温泉

2日目

  • 十六羅漢岩
  • なまはげ館
  • 男鹿温泉

3日目

  • 黄金崎不老ふ死温泉
  • 鰺ヶ沢

その他モデルコース

  • 復興支援めぐり 買って食べて飲んで東北を応援する復興商店街めぐり
  • 歴史めぐり 戦国&幕末時代を生きた勇者たちを追いかけて
  • 温泉めぐり おこもりしたい憧れのお宿をめぐる
  • 温泉めぐり2 名湯・名所をめぐる日本海シーサイドドライブ
  • 自然めぐり 北東北のウオーター・トライアングルをめぐる
  • 食めぐり 東北の名物麺を食べ歩く
  • 景勝地めぐり 東北の絶景ロードをドライブする
  • 景勝地めぐり2 絶景舟下りで楽しむ景勝地めぐり
  • 世界遺産めぐり 東北の世界遺産を制覇する
  • 美術館めぐり 隠れた名作に出会う美術館めぐり

その他のモデルコース

> 名湯・名所をめぐる日本海シーサイドドライブ

> モデルコース一覧

> HOME

Copyright © 東北観光推進機構. All Rights Reserved.

このサイトは東北観光推進機構が運営しております。