モデルコース

モデルコース

食めぐり 東北の名物麺を食べ歩く

食めぐり 東北の名物麺を食べ歩く

1日目

喜多方といえばラーメン。何軒ものお店が並んでいるので好みにあったお店がきっと見つかるはず。ラーメンをおなかいっぱい堪能したあとは、腹ごなしに風情ある街並みを散策しよう。

  • 福島・喜多方駅へ電車でIN!
12:00~13:00

喜多方ラーメン

120軒もの店が軒を連ねる喜多方でラーメンを食す

スープは豚骨のベースと煮干しのベースを別々に作り、それらをブレンド。基本はしょう油味だが、店によってさまざまな味わいがあるので食べくらべも楽しい。中太打ちちぢれ麺のもっちりとした感触はクセになりそうだ。

喜多方ラーメン
住所 福島県喜多方市 ※市内各所で食べられる
URL 公式サイト
 
喜多方ラーメン
  • 喜多方ラーメン店<徒歩>喜多方市街
13:00~15:30

喜多方市街散策

約4100棟もの蔵が現存する古き街並みを歩く

表通りだけでなく、裏通りにも多くの蔵が並ぶ街。良質な水と米に恵まれた土地ならではの醸造業の発達に伴い、数多く建てられたという。現在も酒蔵、味噌蔵として使われ、なかには見学可能なところもある。

喜多方市街散策
TEL 0241-24-5200(喜多方観光協会)
住所 福島県喜多方市字御清水東7244-2(喜多方観光協会)
アクセス 喜多方駅から徒歩すぐ
URL 公式サイト
 
喜多方市街散策
約1時間30分/1,110円
  • 喜多方駅<JR磐越西線>会津若松<JR磐越西線>磐梯熱海駅

福島県のほぼ中央に位置する「磐梯熱海温泉」に宿泊。
どこに行くにも便利な温泉地で、旅の疲れと食後の体を癒そう。

1日目のおもな費用(目安)
交通費 ・・・ 1,110円 入館料 ・・・ 0円
1,110円
2日目

2日目は、山形から秋田へと麺を食べ歩く、麺好きにはたまらない贅沢コース。おいしくいただけるように、移動中の間食をなるべく控えながら出かけよう。

約2時間/5,990円
  • 磐梯熱海駅<JR磐越西線>郡山駅
  • 郡山駅<山形新幹線>山形駅
11:00~12:00

田舎そば

シンプルだからこそ味が際立つ田舎そばに舌つづみ

山形に到着したら、まずは腹ごしらえを。山形といえば、板そばや冷たい肉そばなど、素朴な味わいの田舎そばが有名だ。時間に余裕があれば、大石田駅へ。山形3大そば街道のひとつ、大石田そば街道でそば三昧もよい。

田舎そば(板そば)
住所 山形県山形市 ※市内各所で食べられる
URL 公式サイト
 
田舎そば
約2時間45分/4,180円
  • 山形駅<山形新幹線>新庄駅
  • 新庄駅<JR奥羽本線>横手駅
17:00~18:00

横手やきそば

わざわざ足を運ぶ価値ありのB級ご当地グルメの王様

B級ご当地グルメ界でも人気が高い、横手やきそば。ストレートな太麺に目玉焼きをのせた、少し甘めの味わいがほっこりと懐かしく舌になじむ。目玉焼きの黄身をくずして、ちょっと多めのソースと絡めて食べるのが王道だ。

横手やきそば
住所 秋田県横手市 ※市内各所で食べられる
URL 公式サイト
 
横手やきそば
こちらもオススメ!

十文字中華そば

胃にやさしい素朴な味わいが心と体にじんわり染みる

スープは秋田の芳醇なしょう油をベースに、煮干しとカツオダシがふんわりと香るあっさりとした味わい。着色料を不使用の麺は、舌触りなめらかな食感だ。「マルタマ」「三角そばや」「丸竹」などが有名店として知られ、道の駅「十文字」でも食べられる。

十文字中華そば
住所 秋田県横手市 ※市内各所で食べられる
 
十文字中華そば
こちらもオススメ!

稲庭うどん

日本三銘うどんのひとつを本場・稲庭町でいただく

江戸時代初期から愛される秋田の稲庭うどん。そのつるつるとした食感は、箸が止まらなくなるほど。かけ、ざる、どちらでもおいしく、どんな具材とも合い、お酒の締めにもぴったりのオールマイティな麺メニューだ。

稲庭うどん
住所 秋田県湯沢市稲庭町 ※市内各所で食べられる
アクセス 横手駅から湯沢駅まで電車約20分、湯沢駅から車約30分
URL 公式サイト
 
稲庭うどん
約2時間/4,190円
  • 横手駅<JR北上線>北上駅
  • 北上駅<東北新幹線>盛岡駅

岩手まで移動し、盛岡市内に宿泊。
水と緑にあふれた美しい城下町の景色をゆっくりと眺めつつ、
腹ごなしに散策しよう。

2日目のおもな費用(目安)
交通費 ・・・ 14,360円 入館料 ・・・ 0円
14,360円
3日目

盛岡の三大麺「盛岡冷麺」「わんこそば」「じゃじゃ麺」を堪能しよう。好みの麺を満喫した後は、青森で「味噌カレー牛乳ラーメン」なるご当地麺で締めくくる。

11:00~12:00

盛岡冷麺

強い弾力麺とコクのあるスープのハーモニーを堪能

冷麺は言わずと知れた盛岡名物。白くてコシのある太麺に絡むしっかりとしたコクのあるスープは、一度食べたらまた食べたくなること間違いなし。暑い夏場につるっといただくのはもちろん、冬に食べる冷麺も格別だ。

盛岡冷麺
住所 岩手県盛岡市 ※市内各所で食べられる
 
盛岡冷麺
こちらもオススメ!

わんこそば

何杯食べられるか挑戦したくなる旅の思い出グルメに

次から次へとどんどん食すわんこそば。テレビで見たことがある人も多いのでは。たくさん食べるコツは、薬味で味を変え、いろいろな味を楽しむこと。ゆっくり堪能できる店もあれば、どんどんとそばが足されるのを楽しめる店も。

わんこそば
住所 岩手県盛岡市、岩手県花巻市 ※市内各所で食べられる
 
わんこそば
こちらもオススメ!

じゃじゃ麺

麺に絡まるゴマの風味たっぷりの肉味噌が美味

肉味噌をのせた平打麺。ラー油やおろしニンニクなどを加え、肉味噌とともに絡めながらいただく。麺を食べ終えた器に、卵を割り肉味噌を加え、ゆで汁を注いでかき混ぜたスープ「チータンタン」で締めるのも独特だ。

じゃじゃ麺
住所 岩手県盛岡市 ※市内各所で食べられる
 
じゃじゃ麺
約1時間20分/6,290円
  • 盛岡駅<東北新幹線>
    新青森駅
  • 新青森駅<特急スーパー白鳥>
    青森駅
17:30~18:30

青森味噌カレー牛乳ラーメン

味噌とカレーと牛乳の絶妙な調和を味わう

70年代に、ラーメンにさまざまなものを入れて食べる遊びが中高生の間で流行し、そこから派生したアイデアで生まれた。味噌をベースに、カレー粉、牛乳で味付けされている。絶妙な味わいで青森県民に愛され続ける一品。

青森味噌カレー牛乳ラーメン
住所 青森県青森市 ※店舗の住所は下記公式サイトを参照
URL 公式サイト
 
青森味噌カレー牛乳ラーメン
約35分/680円
  • 青森駅<JRバス東北>青森空港
  • 青森・青森空港から飛行機でOUT!
3日目のおもな費用(目安)
交通費 ・・・ 6,970円 入館料 ・・・ 0円
6,970円
2泊3日のおもな費用(目安)
交通費 ・・・ 22,440円 入館料 ・・・ 0円
22,440円

※本プラン内に記載されている名称や料金は2012年2月現在のものです。名称や料金などは予告無く変更される場合がございます。予めご了承ください。

※本プラン内に記載されている費用は大人お1人様の料金となります。宿泊費、タクシー代は含んでおりません。

おもな見どころ

1日目

  • 喜多方ラーメン
  • 喜多方市街散策

2日目

  • 田舎そば
  • 横手やきそば
  • 十文字中華そば
  • 稲庭うどん

3日目

  • 盛岡冷麺
  • わんこそば
  • じゃじゃ麺
  • 青森味噌カレー牛乳ラーメン

その他モデルコース

  • 復興支援めぐり 買って食べて飲んで東北を応援する復興商店街めぐり
  • 歴史めぐり 戦国&幕末時代を生きた勇者たちを追いかけて
  • 温泉めぐり おこもりしたい憧れのお宿をめぐる
  • 温泉めぐり2 名湯・名所をめぐる日本海シーサイドドライブ
  • 自然めぐり 北東北のウオーター・トライアングルをめぐる
  • 食めぐり 東北の名物麺を食べ歩く
  • 景勝地めぐり 東北の絶景ロードをドライブする
  • 景勝地めぐり2 絶景舟下りで楽しむ景勝地めぐり
  • 世界遺産めぐり 東北の世界遺産を制覇する
  • 美術館めぐり 隠れた名作に出会う美術館めぐり

その他のモデルコース

> 東北の名物麺を食べ歩く

> モデルコース一覧

> HOME

Copyright © 東北観光推進機構. All Rights Reserved.

このサイトは東北観光推進機構が運営しております。