奥州の薬湯として知られる地で、唯一2本の本流温泉源泉を所有

 宮城県の最南端、蔵王連峰の麓に広がる白石市。その西部にある鎌先温泉は古くから奥州の薬湯として知られ、室町時代の1428年(正長元)頃に開湯されたと伝わっている。「鎌先」の由来は、地元民がこの山間で温泉が湧き出しているのを発見した際に、鎌の先で源泉の湧き口を探し出したところからついたと言われている。この地に1688年(元禄元)創業の老舗宿湯守木村屋がある。
 鎌先温泉郷のなかで唯一2本の本流温泉源泉を所有し、床が茶褐色になるほど鉄分を多く含むにごり湯は少々ぬるめだが、昔から万病に効く温泉として多くの人々に愛されてきた。
 湯殿は多種多彩で特に最上階にある展望露天風呂はお薦めだ。蔵王山麓をはじめ御来光が望めるその眺めはまさに絶景というにふさわしい。その他にも美人の湯として名高い石風呂や竹取物語をはじめ天狗、河童等の伝説が伝わる混浴風呂など様々な風呂を楽しむことができる。
 食事は宮城山海の旬の食材や地元農家で朝獲りした新鮮野菜を使用した会席料理を中心に、A5ランク級の米沢牛のすき焼きや陶板焼き、そして宮城の名豚志波姫ポークの豆乳しゃぶしゃぶなどこだわりの料理を堪能できる。

温泉情報

にごりゆのやど ゆもり きむらや

宮城県白石市鎌先温泉1-51

TEL:0224-26-2161

宿泊料:1泊2食付き12000円~(平日2名1室の場合の1名料金)

カード:使用不可

客室数:34室

風呂:男女別露天風呂各1、内湯男1女2、内湯混浴1

泉質:食塩泉 ナトリウム塩化物泉 芒硝泉

主な効能:アトピー、湿疹、肩凝り、リウマチ、神経病など

アクセス:(電車)JR東北新幹線「白石蔵王駅」下車、弥治郎行バス「鎌先温泉」下車(車)東北新幹線白石蔵王駅より約10分

本内容は、男の隠れ家2015年2月号(2014年12月27日発行)から掲載内容の一部を
再編集した、東北観光推進機構と男の隠れ家によるコラボレーション企画です