蔵屋敷造りの佇まい〝ぬる湯〟をじっくり楽しむ

 1813年(文化10)に湯治の宿として創業。蔵屋敷造りの白壁が特徴的な佇まい。温泉は鉄分を多く含んだ茶褐色。肌触りも柔らかく、源泉温度が40℃のぬるめなので長湯ができ、芯から温まると評判だ。そして露天風呂は檜造り。檜の香りに包まれながら、冬には雪景色が楽しめる。料理は料亭「花街道」で、福島名物の馬刺しや冬には鍋料理が味わえる。会津の地酒を飲みながらゆっくりと堪能したい。客室は24室あり、山々に囲まれた景色が眺望できる。

温泉情報

ひめゆりのやど ゆもとや

福島県喜多方市熱塩加納町熱塩大畑29

TEL:0241-36-2266

宿泊料:1泊2食付き1万4190円~( 平日2名1室の場合の1名料金)

カード:使用可

客室数:24室

風呂:男女別内湯各1、男女別露天風呂各2

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉 主な効能:切り傷、やけど、皮膚病など

アクセス:(電車)JR「喜多方駅」よりタクシーで20分。
(車)磐越自動車道「会津若松IC」より国道121号経由で約40分

本内容は、男の隠れ家2015年2月号(2014年12月27日発行)から掲載内容の一部を
再編集した、東北観光推進機構と男の隠れ家によるコラボレーション企画です