東北太平洋沿岸地域の震災語り部研修会の開催について

東北4県1市(青森県、岩手県、宮城県、仙台市、福島県)は、太平洋沿岸地域における震災語り部・ガイドの相互理解と情報交換を通じ、今後の活動に活かすことを目的として、下記の通り研修会を開催いたます。

この研修会は、東北観光復興対策交付金を活用した広域連携事業として4県1市が東北観光推進機構(会長:清野 智 東日本旅客鉄道株式会社 取締役会長)とともに進める「東北太平洋沿岸等における受入整備事業」の一環として行われるものです。

※「東北太平洋沿岸等における受入整備事業」について
本事業は、東日本大震災により被害を受けた東北の太平洋沿岸地域における人口交流に資する受入環境の整備と風評被害などの正確な情報発信を目的としており、国内のみならず海外へも広く復興状況を発信することを目的として実施しております。

 

 

1 実施日時:

平成29年3月6日(月)14:00~17:00

 
2 実施場所:
TKP仙台カンファレンスセンター
宮城県仙台市青葉区花京院1-2-3 ソララガーデンオフィス2F

 

3 名称:
「東北太平洋沿岸地域の語り部のこれからを考える研修会」

 

4 主催:

青森県・岩手県・宮城県・仙台市・福島県

 

5 内容:

(1)基調講演「6年目の今伝えることとこれから」
講師:東洋大学国際地域学部 島川 崇 教授

(2)語り部・ガイドの今(アンケート結果報告)

(3)語り部活動の現状・課題に係るワークショップ

 

6 参加者:  太平洋沿岸地域震災語り部・ガイド等 35名(予定)

以上

プレスリリース本文はこちら