霞城公園(山形城跡) 上山・天童・山形蔵王

38.2554817,140.3303070
Google乗り換え案内

斯波兼頼が延文2年(1357)創築したと伝わり、その子孫最上義光が出羽半国を制覇後、文禄年間(1592~95)大城郭に修築した。元和8年(1622)最上家改易後、城主は老中クラスの譜代大名十三氏がめまぐるしく交代した。城の建物は明治維新後に解体されて、現在は堀と石垣を残すのみであるが、城跡につくられた霞城公園には桜の老樹が多く、市民の憩いの場になっている。また、平成3年3月に二の丸東大手門が復原された。◎最上義光(1545-1614)山形生れ。戦国時代の武将。山形県(置賜地方を除く)・秋田県の大半を領し、石高五五万石。現在の山形市の基礎をきづいた。


所在地 山形市霞城町
お問合せ先 山形県山形市
山形市公園緑地課
023-641-1212
アクセス ● 山形駅から徒歩で10分
URL http://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp/shiseijoho/sub2/kakuka/machizukuri/koen/annai/kajo_of_pd1130145820.html