鮭延城跡 最上

38.8437080,140.2486420
Google乗り換え案内

鮭延城は山形県最北の町、真室川町の鮭川河畔に築かれ、いま城址碑が立つ。戦国の世、城主に鮭延秀綱という知将がいて、山形城主最上義光と激闘して降るが、義光にその器量を見込まれ重臣の座につらなった。最上家改易後、秀綱は幕府老中土井利勝に千石で招かれている。


所在地 最上郡真室川町内町
アクセス ● 真室川駅から車で10分