蔵王の樹氷 上山・天童・山形蔵王

38.1543007,140.4305878
Google乗り換え案内
世界に誇る自然の芸術

樹氷は、東北地方の奥羽山脈の一部の山域(八甲田山、八幡平、蔵王連峰、吾妻山)の亜高山地帯にしか確認されず、
海外でもはっきりした報告はありません。
樹氷ができるためには、次のような特殊な条件が必要だからです。
着氷と着雪の基になる多量の過冷却水滴と雪が、常に一定方向の強風で運ばれてくること。
雪雲は朝日連峰で上昇して多量の雪を降らせ、山形盆地を通り、再び蔵王連峰で上昇して雪を降らせます。
そのときの雲の中は、多くの雲粒が0℃以下でも凍らない過冷却水滴になり、雪と交じり合った状態になります。
蔵王の1月から2月頃は快晴の日が少なく、風向は北西から西を示し、平均風速10m/sから15m/s、平均温度-10℃から-12℃の吹雪の世界となります。
なお、現在、樹氷の子ども「じゅっきーくん」がゾーン内外で大活躍中!


所在地 山形市蔵王温泉 地蔵山頂周辺
お問合せ先 蔵王温泉観光協会
023-694-9328
アクセス 山形自動車道山形蔵王I.C.から一般道車40分程度、蔵王温泉到着後、蔵王ロープウェイ利用。
駐車場情報 あり
営業時間 蔵王ロープウェイ
【冬季営業時間】
 山麓線8:15~16:45
 山頂線8:30~16:30
※営業時間は天候等により変更される場合がありますので、あらかじめお問合わせください。
※樹氷ライトアップ期間は、17時以降も営業しますのでお問合わせください。
料金 樹氷は例年1月~2月語呂、地蔵山頂付近にできます。
樹氷観賞には、蔵王ロープウェイ山麓線と山頂線を乗り継いで行くのが便利です。
非常に冷え込みますので、防寒対策を万全にしてお楽しみください。
蔵王ロープウェイ
【料金】(2014年12月現在)
 蔵王山麓駅(蔵王温泉街)~地蔵山頂駅まで
  往復(大人) 2,600円
  往復(小人) 1,300円
URL http://www.zao-spa.or.jp/jyuhyo
http://www.zaoropeway.co.jp/

この観光スポットをまわる「モデルコース」はこちら