おくの細道尾花沢そば街道 銀山温泉

38.5739365,140.4044952
Google乗り換え案内
山形1の作付面積のそば処

古来より厳しい環境に強いそばは農作物として重宝され、ここ尾花沢でも昔からさかんに栽培されてきました。現在では、質・生産量ともに県内随一で、そのおいしさの秘密は寒暖差40度という厳しい気候風土と、御所山から流れ出る清冽な地下水にあります。 ところで昔のそばは「そばがき」や「そば餅」など、団子状にして食べるのが普通でした。今日では一般的な長いヒモ状のそばは、かつては「そば切り」と呼ばれ、江戸時代の初期に誕生したものです。もちろん松尾芭蕉の時代には、すでにありました。

後の文献によると、芭蕉が訪ねた鈴木家では人をもてなす際に「そば切り振舞」の習慣があったことが確認されており、このことから彼は尾花沢のそばを食したと考えられます。 「ゆう遊山味会」は俳聖が食べたことに恥じない地元のそば作りをしようと、市内のそば屋が集まって結成されました。芭蕉が滞在したことにちなんで「おくのほそ道 尾花沢そば街道」と銘打った活動を行い、品質維持や技術の向上、イベントを通した内外へのアピールにも努めています。


所在地 尾花沢市五十沢
お問合せ先 0237-23-4567
メール obane-kank@ic-net.or.jp
営業時間 11:00~
料金 800円~
URL http://www.city.obanazawa.yamagata.jp/2007.html