梅村庭園・梅雲亭(八雲町)

うめむらていえん ばいうんてい(やくもちょう)

道内には珍しい本格的な池泉回遊式庭園で、紅葉の名所

  • 梅雲亭(正面)
  • 梅雲亭と離れ
  • 紅葉の梅村庭園1
  • 紅葉の梅村庭園2
  • 紅葉の梅村庭園3
  • 梅雲亭奥の間
  • 蔵の展示

●池泉回遊式という、真ん中に池を配して周囲を一周することができる和式庭園。個人が造園した北海道には珍しい庭園様式で、伝統的造園技法が随所にみられることから、「北の造園遺産」の指定を受けています。


●元は旧尾張藩士で八雲村に移住した梅村多蔵の息子、梅村多十郎が1912(明治45年)年から1930(昭和5)年にかけて造園しました。元々は谷地であったところに池を掘って整備し、函館の造園師である野中松太郎が1923(昭和58)年5月に八雲町指定文化財(名勝)として指定され、多くの方々に利用されてきました。2001(平成13)年に八雲町が梅村家の厚意により譲り受け、町民が身近に緑を鑑賞し、四季を通じて集い楽しめる都市公園として2002・2003(平成14・15)年に整備を行いました。2014(平成26)年には、日本造園学会北海道支部から、北の造園遺産に認定されました。


●庭園中心の池は湧水で満たされ、1年中枯れることなく鯉が泳いでいます。池の周りには築山や枯山水などがたくみに配置され、コンクリート造りの灯篭が2基設置されています。昔からの石橋と、新しく車いすでも通れるように設置した木橋があります。


●園内にはムラサキツツジ、レンゲツツジ、ヤマツツジ、クルメツツジ、リュウキュウツツジ、ドウタンツツジ、サツキなど色々なツツジをはじめ、オンコ(イチイ)、アカマツ、サクラ、モミジ、コウヤマキなどの樹木、カンアオイ、オオウバユリ、ヤブカンゾウ、ノビネチドリ、エゾヤマリンドウなどの草花が植えられ、四季折々の風景が楽しめます。特にモミジは春(5月~6月)と秋(10月~11月)に紅葉し、多くのカメラマンが写真撮影に訪れます。


基本情報

住所
北海道二海郡八雲町末広町151番地1
料金
入園料無料。ただし、会議やサークル活動等で部屋を占有する場合、別途料金がかかります。営利目的の利用は料金2倍です。
営業時間
5月1日から10月31日:9時から17時
11月1日から4月30日:10時から16時30分
休業日
月曜日、祝日、12月29日から1月5日
アクセス
●JR八雲駅より徒歩約6分
●札幌より車で約3時間40分
●函館より車で約1時間40分
駐車場
身障者専用1台あり。
隣接する公民館や郷土資料館の無料駐車場利用可。
公式サイト
八雲町 梅村庭園
クチコミ
じゃらんnet

問い合わせ先

問い合わせ先
八雲町郷土資料館(八雲町公民館)
電話番号
0137-63-3131
FAX番号
0137-64-3848
メールアドレス
museum@town.yakumo.lg.jp