江差追分会館・江差山車会館

えさしおいわけかいかん・えさしやまかいかん

江差の歴史・文化を保存、伝承「江差追分会館・江差山車会館」

  • 江差追分会館・江差山車会館
  • 山車会館展示山車

日本を代表する民謡の一つで「民謡の王様」と呼ばれている江差追分

江差追分は古い時代に江差地方の特異な生活環境や労働形態の中で生まれ、郷土の先人たちによって育て、唄いつがれたものです。

先人から引き継いだ、この地方文化の華を正しく保存伝承するため、1982年に町民や追分愛好者の厚意によって建設された「江差追分会館

江差追分会館の百畳敷ホールでは、江差追分全国大会優勝者や師匠等が唄う本場の江差追分を聞くことができ、

民謡の王様と言われる江差追分を堪能することが出来ます。

また、追分の師匠による唄の指導も体験することが出来ます。

併設している「江差山車会館」では、毎年8月9・10・11日に開催される、370有余年の歴史と伝統を誇る夏の大祭「姥神大神宮渡御祭」

で実際に使用されている13台の山車の中から2台の山車が展示されています。


https://www.youtube.com/channel/UCOzjGpYXemATCMeXFvvH0zA

エリア
道南
カテゴリー
体験
文化・歴史

基本情報

住所
北海道江差町中歌町193番地3
料金
大人500円 小中高生250円 ※15名以上の団体は1割引
営業時間
9:00~17:00
休業日
11月~3月(毎週月曜日・祝日の翌日・年末年始)
アクセス
新函館北斗駅(北斗市)からバスで1時間15分
木古内駅(木古内町)からバスで1時間30分
駐車場
普通車20台  バス3台 (無料)
公式サイト
江差追分会
SNS
江差追分会
備考
入館料500円(小中高生250円)で地元師匠から指導を受けることができます。
追分日本一が唄う江差追分をいつでも、どこからでも、電話で楽しめます。(0139)52-2222に掛けてみてください。

問い合わせ先

問い合わせ先
江差追分会館・江差山車会館
電話番号
0139-52-0920
FAX番号
0139-52-5544

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

ひまわりの丘(大崎市三本木)
詳細はこちら
鹿島台学童農園
詳細はこちら
おくのほそ道天童紅花まつり
詳細はこちら
蛇石せせらぎ公園
詳細はこちら
栗駒山麓ジオパークビジターセンター
詳細はこちら
あおもりバル街
詳細はこちら
岩手かねがさき温泉郷 金ケ崎温泉 駒子の湯
詳細はこちら
ウェルネスセンターしゃりき温泉
詳細はこちら
遊楽館
詳細はこちら