江差・姥神大神宮渡御祭

えさし・うばがみだいじんぐうとぎょさい

江差の三大まつり「370有余年の歴史と伝統を誇る夏の大祭」

  • いにしえ街道巡行
  • 江差町上町の様子
  • 姥神大神宮前の様子

370有余年の歴史と伝統を誇る夏の大祭。

豊漁に感謝を込めて賑々しく行われたこの祭りでは豪華絢爛な13台の山車が町内を練り歩き、

はるか遠い江差のニシン景気を現代に伝えます。

2019年3月に北海道無形民俗文化財に指定されている。

最終日の夜になると13台の山車が次々と繁華街の新地町に集合し、

集まった大勢の人々によって沿道は埋め尽くされる。

山車が到着するたびに、街頭放送でそれぞれの山車の紹介アナウンスが流れ、

沿道からは大きな歓声が沸きあがる。

その後、燦爛と輝く13台の山車が一列に並び、祭り囃子を互いに競い合うように奏でます。

豪華絢爛な山車の光と情熱あふれる祭囃子の競演は圧巻です。(2020年3月31日現在の情報です)

基本情報

住所
北海道江差町江差町内一円・姥神大神宮
料金
無料
営業時間
8:45~17:15
休業日
土・日・祝日・年末年始
アクセス
八雲駅(八雲町)からバスで2時間0分      
新函館北斗駅(北斗市)からバスで1時間15分
木古内駅(木古内町)からバスで1時間30分
駐車場
普通車100台 (無料)
公式サイト
江差観光コンベンション協会

問い合わせ先

問い合わせ先
江差観光コンベンション協会
電話番号
0139-52-4815
FAX番号
0139-52-5666
メールアドレス
info@esashi-kankoukyoukai.com