夜の鮫角灯台に登ってみよう

よるのさめかどとうだいにのぼってみよう

三陸復興国立公園にそびえる鮫角灯台に登って、月や灯台の灯りを間近で見られる特別な体験

平成25年(2013年)に三陸復興国立公園となった八戸市の種差海岸にそびえる鮫角灯台。

高さ22.73m、初点灯昭和13年(1938年)の白亜円形の灯台は、その美しさから「日本の灯台50選」「八戸市景観賞」にも選ばれています。

目の前に広がる雄大な景色を多くの方に見ていただくため、平成25年(2013年)から日中の灯台一般開放を実施していますが、平成28年(2016年)からは日時限定で夜間の灯台開放を実施しています。(夜の灯台を一般開放するという試みはおそらく全国初!)

あなたも夜の鮫角灯台に登って、間近には36㎞先まで届く灯台の灯り、足元には昼とまた違った顔を見せる海と国立公園、遠くには工業都市八戸の工場夜景と、非日常の特別な体験をしてみませんか。


※新型コロナウイルス感染拡大防止の為、下記の期間は開放中止となります。
 令和3年8月29日(日)~9月30日(木)


※2021年9月9日現在の情報です。

基本情報

住所
青森県八戸市大字鮫町字小舟渡平
料金
入場無料
営業時間
8:15~17:00
休業日
土・日・祝
アクセス
八戸シーガルビューホテルから徒歩5分
駐車場
有り(150台)無料
公式サイト
VISIT HACHINOHE(観光物産サイト)

問い合わせ先

問い合わせ先
八戸市観光課
電話番号
0178-43-9536
メールアドレス
kanko@city.hachinohe.aomori.jp