ずんだ

昔ながらの仙台の代表スイーツ

その昔、仙台藩でもお盆独特の郷土料理として楽しまれていたという『ずんだ餅』。ずんだの語源は、豆を潰す意味の「豆打(ずだ)」が永い間に「ずんだ」に訛り一般化したというのが有力で、命名者はかの伊達政宗公とも言われています。他にも諸説としては伊達政宗公の陣中で、太刀で枝豆をすり潰したことが起源とされ、その由来から「陣太刀」が変化し「ずんだ」になったとする説や地域によっては「じんだ」「じんだん」とも言うため、「甚太」という人が作ったとする説もあります。枝豆を茹で、薄皮を剥いて潰し、砂糖を混ぜてできたずんだを餅にまぶす。これが基本的な『ずんだ餅』の作り方。独特の色合いと甘い風味、まろやかな口あたりに加え、『ずんだ餅』は枝豆パワーの健康食品。仙台ではいまや名物としてお盆に限らず、一年中楽しめるようになりました。そして、その美味しさは昔もいまも多くの方に愛され続けています。

※掲載情報は2020年4月末現在

基本情報

住所
宮城県
料金
各スポットによって異なります
営業時間
各スポットによって異なります
休業日
各スポットによって異なります
アクセス
各スポットによって異なります
駐車場
各スポットによって異なります

問い合わせ先

問い合わせ先
(公財) 仙台観光国際協会
電話番号
022-268-9568
FAX番号
022-268-6252

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

白石 武家屋敷
詳細はこちら
菜の花フェスタin三ノ倉高原花畑
詳細はこちら
高子岡城跡・周辺
詳細はこちら
山形城跡・霞城公園
詳細はこちら
七ツ森
詳細はこちら
奥尻島津波館
詳細はこちら
山野草展示会(秋田県上小阿仁村)
詳細はこちら
まちなか紅葉まつり
詳細はこちら
興井(沖の井、沖の石)
詳細はこちら