江戸時代から続く三春張子発祥の地、高柴デコ屋敷(職人の気分を味わいながら、世界でたったひとつの張子制作体験)

えどじだいからつづくみはるはりこはっしょうのち、たかしばでこやしき(しょくにんのきぶんをあじわいながら、せかいでたったひとつのはりこせいさくたいけん)

高柴デコ屋敷とは

  • 彦治民芸
  • 三春駒
  • 鞨鼓
  • 達磨
  • うっかりネコ
  • 虎
  • 東北DC特別企画張子制作体験
  • 木馬神社
  • 高柴デコ祭り
  • 高柴ひょっとこ踊り

郡山市西田町にある、高柴デコ屋敷とは三春駒と三春人形の発祥地です。

デコ屋敷の「デコ」とは人形のことであり、人形屋敷と言うことです。江戸時代に三春藩領であったため三春駒や三春人形と呼ばれるようになりました。今では人形作りの工房が4軒あり伝統が粋づき集落となっております。またここ高柴地区に継承された張子面を使った、郡山市指定重要無形文化財の「高柴七福神踊り」や「ひょっとこ踊り」など独自の文化も根付いています。

今回、工芸品を愛する全国のファンの皆様や伝統工芸品の絵付け体験を経験された方などが、さらにお楽しみいただける企画として、張子そのものの制作体験をご用意しました。プロの職人が伝授する張子の制作体験。東北DC期間中限定です。今ここでしか経験できない特別な体験をぜひこの機会にお楽しみください。


(1)絵付け体験

  伝統的な三春駒や干支の張子人形、豆だるまの絵付けが体験できます。

  自由な発想で絵付け体験ができるので、初心者でも安心して楽しめます。

(2)デコ散歩

  集落で張子作りに取り組む工人たちが案内してくれるデコ散歩。

(3)張子・だるまの制作体験〈4月・6月・8月〉

  制作の工程:①紙張り:乾燥→②型抜き→③故粉塗り→④絵付け

  ※体験範囲は、参加者のご希望に応じご対応します。

  〈例〉①の和紙張りのみ体験し、②③④はプロの職人が行い、参加者へ郵送

    ①~④の工程全てを体験。体験時間は1回2~3時間程度の延べ3日間、隔週を想定。

(4)玄侑大だるまの希望の和紙貼り体験

  通常7月8日「だるまの日」のイベント時に実施しているものを、東北DCスタートの4月から前倒しで開催します。

基本情報

住所
福島県郡山市西田町高柴字舘野169
料金
絵付け体験 
豆だるま800円(税別) 張子十二支1,300円(税別) 三春駒1,500円(税別)
デコ散歩
1~15名5,000円(税別) 16~30名10,000円(税別) 31~45名15,000円(税別)
張子制作体験
だるま(20cm) 12,000円
豆だるま 4,000円
営業時間
9:00~17:00
休業日
各店舗により異なる
アクセス
磐越道郡山東ICから約7~10分
磐越道三春船引ICから約20~25分
東北道本宮ICから約15~20分
JR三春駅から車で約5分 JR郡山駅から車で約20分
駐車場
大型バス5台
普通車30台
公式サイト
高柴デコ屋敷観光協会
所要時間
絵付け体験 30分~1時間
予約方法・申し込み方法
電話にて事前申込

問い合わせ先

問い合わせ先
高柴デコ屋敷観光協会
電話番号
024-971-3907
FAX番号
024-971-3953
メールアドレス
info@dekoyashiki.com

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

kitokito MARCHE(キトキトマルシェ)
詳細はこちら
盆城庵(秋田県五城目町)
詳細はこちら
津軽海峡フェリー株式会社
詳細はこちら
大館曲げわっぱ
詳細はこちら
藤沼湖自然公園
詳細はこちら
匠工房「南部裂織の里」
詳細はこちら
遠野 たかむろ水光園「どぶろく醸造体験」
詳細はこちら
スタジオセディック庄内オープンセット
詳細はこちら
瑞巌寺
詳細はこちら
大内宿
詳細はこちら
豊かな自然に恵まれた天体観測の宝庫「星の村天文台」
詳細はこちら
岩手銀行赤レンガ館
詳細はこちら
グランピング・RISING SUN(秋田県羽後町)
詳細はこちら
鶴ヶ城(若松城跡)
詳細はこちら
石ノ森章太郎ふるさと記念館
詳細はこちら
  • TOP
  • 観光・体験
  • 江戸時代から続く三春張子発祥の地、高柴デコ屋敷