笹かまぼこ

ささかまぼこ

言わずと知れた仙台名物の代表格

まだ冷凍技術がなかった頃、松島周辺でヒラメの大漁が続き、捕れた魚の処理に困った知恵のある漁師たちが、魚の身をまな板で叩いて手で形を整え、竹串に刺して焼いたのが始まりとされる『笹かまぼこ』。その形状から、昔は「木の葉かまぼこ」「手のひらかまぼこ」「平かまぼこ」「ベロかまぼこ」などとも呼ばれていました。笹かまぼこの美味しさはこんがりと焼き上げた白身魚のシンプルな味わいと独特の歯ごたえにあります。噛んだ時のプリプリとした弾力をかまぼこ業界では「足」と呼び、良質なものほど「足」が強く、なおかつサクッと噛み切れるといいます。『笹かまぼこ』は新鮮なうちにそのままかぶりつくのが一番。わさび醤油や生姜醤油、マヨネーズをつけるのもおすすめの食べ方です。

※掲載情報は2020年4月末現在

基本情報

住所
宮城県仙台市青葉区中央ニ丁目3-18
料金
各スポットにより異なります。
営業時間
各スポットにより異なります。
休業日
各スポットにより異なります。
アクセス
各スポットにより異なります。
駐車場
各スポットにより異なります。
公式サイト
仙台蒲鉾協同組合
所要時間
各スポットにより異なります。

問い合わせ先

問い合わせ先
仙台蒲鉾協同組合(㈱阿部蒲鉾店)
電話番号
022-222-6455
FAX番号
022-222-1533