宮城伝統こけし

みやぎでんとうこけし

独特の形・模様を通して受け継がれる東北固有の工芸品

東北地方に古くから伝わる「伝統こけし」は、江戸時代末期ごろ、子供の玩具として作られ、その土地に定着したものと伝えられています。全部で11系統ある「伝統こけし」のうち、宮城県内には「鳴子系」「遠刈田系」「弥治郎系」「作並系」「肘折系」の5つの系統があり、それぞれの地域で独特な模様や顔立ちとなって受け継がれています。経済産業大臣指定伝統的工芸品(昭和56年6月22日指定)

※掲載情報は20204月末現在

基本情報

住所
宮城県仙台市

問い合わせ先

問い合わせ先
仙台地区伝統こけし工人組合
電話番号
022-394-6030(木目工房)
メールアドレス
mokume_koubou@kfd.biglobe.ne.jp

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

松川浦で「朝釜めし」
詳細はこちら
「TOHOKU BREWING Tourism」~歴史と伝統を醸し出す旅~(大和…
詳細はこちら
宮城県沿岸地域 レンタカーを活用した ドライブモデルコース
詳細はこちら
山岳信仰のパワースポット巡りトレッキングツアー(浄の滝 角…
詳細はこちら
かわまちてらす閖上
詳細はこちら
大円寺
詳細はこちら
ねぶたの家 ワ・ラッセ
詳細はこちら
【新潟・月岡温泉・キャンドル作り】ガラスのミニチュアがかわ…
詳細はこちら
縁結びのパワースポット 二柱神社
詳細はこちら
会津鉄道運転体験
詳細はこちら
おおふなと夢商店街/夢横丁
詳細はこちら
大洲松川ライン
詳細はこちら
本山慈恩寺 夜のプレミアム拝観
詳細はこちら
奥尻島津波館
詳細はこちら
宿根カスミソウの産地 福島県昭和村
詳細はこちら
こけし制作実演見学
詳細はこちら
田園散居集落展望台
詳細はこちら
大館アメッコ市
詳細はこちら
こけし工人から教わる! こけしロクロ回し+絵付け体験
詳細はこちら
宵一緒まつり
詳細はこちら