【東北DC特別企画】安比高原「雲海ゴンドラ」&「天空ナイトゴンドラ」(㈱岩手ホテルアンドリゾート 安比高原スキー場)

あっぴこうげん「うんかいごんどら」&「てんくうないとごんどら」(かぶしきかいしゃいわてほてるあんどりぞーと あっぴこうげんすきーじょう)

安比高原「前森山」からの雲海・星空をお楽しみいただきます!

安比高原のゴンドラに乗車すること約15分。ゴンドラ山頂駅からは遊歩道に沿って標高1,304mの前森山山頂へ。
山頂からは眼下に広がるブナの二次林や岩手山・八幡平・七時雨山・姫神山などの大パノラマを楽しめます。

そして時には、幻想的な雲海が山頂から見られることも。

東北DC期間中は、特別企画として山頂でワンドリンクサービス!を予定しています。


①雲海ゴンドラ(7~9月予定)
 雲海に浮かぶ岩手山をお楽しみいただきます。
  夜から朝へ気温が上がる頃、雲海が見られるチャンスがもっとも高い時間帯です。

 この雲海を見に行けるよう、ゴンドラ営業開始時間を早めて営業いたします。

 <早朝コンテンツ> 

 ※7~9月の夏休み&週末は、日中時間帯はもちろん、早朝6:00からの「早朝ゴンドラ運行」を行います!

 

②天空のナイトゴンドラ(7~9月予定)
 天空のナイトゴンドラにのって満天の星空鑑賞はいかがでしょうか?

 安比高原の夜空は驚くほどほど明るい星が多く見られます。 

 また肉眼でもはっきり見える天の川も感動的で、きっと安比高原の良い思い出になると思います。

 <ナイトコンテンツ>上り;19:10~20:30迄の20分間隔
           下り;19:30~21:10迄の20分間隔



基本情報

住所
岩手県八幡平市安比高原
料金
大人(13歳以上)1,650円(税込) 子ども(6~12歳)800円(税込)
営業時間
9:00~18:00(予約センター)
※ゴンドラの運行時間は紹介文のとおりです
休業日
なし
アクセス
【新幹線の場合】(東北新幹線)
東京駅→盛岡駅(所要時間約2時間10分) 
仙台駅→盛岡駅(所要時間約40分)  
【在来線の場合】(JR花輪線)
盛岡駅→安比高原駅(所要時間約1時間)   
【車の場合】   
最寄ICは青森方面からは安代IC、盛岡方面からは松尾八幡平IC、各ICより約20分  
駐車場
3,000台
公式サイト
APPI[公式HP]
SNS
安比高原 APPI-ホーム
クチコミ
安比高原(@appi_kogen)さん
備考
山頂エリアには、八幡平・安比高原の自生種をはじめ、国内外計100種以上の高山植物を植えています。シーズン中は“幻の花”“天上の妖精”とも言われている希少品種「ヒマラヤの青いケシ」(6月中旬開花予想)や、日本固有品種で自然界では高山帯の一部でしか見る事のできない品種「ヒメサユリ」(7月上旬~中旬開花予定)なども見られる予定です。
*冬季スキー場営業に向けての整備工事等によりゴンドラの運行日が変更になる場合がございます。ご来場の際にはAPPI[公式HP]等で最新情報をご確認ください。
【2020年5月1日現在の情報です】
予約方法・申し込み方法
予約センターまで申込み、お問合せください

問い合わせ先

問い合わせ先
 安比高原スキー場
電話番号
 スキー場;0195-73-5111 / 予約センター;0195-73-5010
FAX番号
 スキー場;0195-73-5842 / 予約センター;0195-73-5025

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

白神紅葉さんぽとなべっこ遠足
詳細はこちら
昔ながらの酒蔵見学、試飲体験(檜物屋酒造)
詳細はこちら
【東北DC特別企画】龍泉洞の地底湖の写真撮影代行サービス
詳細はこちら
みちのくあじさい園
詳細はこちら
三陸ジオパークでグランピング!海と山の幸でBBQ
詳細はこちら
史跡尾去沢鉱山(秋田県鹿角市)
詳細はこちら
西福寺開山堂
詳細はこちら
極上のはしご酒
詳細はこちら
バースデーきっぷ
詳細はこちら
浄土ヶ浜
詳細はこちら
【東北DC特別企画】三陸で「養殖いかだ見学 + オランダ島体験」
詳細はこちら
たらい舟
詳細はこちら
安比高原ブナ林と中のまきば
詳細はこちら
内間木洞
詳細はこちら
ココロもカラダもきれいになる「美飾の旅つるおか」
詳細はこちら
「白川湖の水没林」赤湯温泉送迎ツアー
詳細はこちら
【東北DC特別企画】国宝羽黒山五重塔ライトアップ(夜間参拝)
詳細はこちら
なまはげ館
詳細はこちら
鎌先温泉
詳細はこちら
  • TOP
  • 観光・体験
  • 【東北DC特別企画】安比高原「雲海ゴンドラ」&「天空ナイトゴンドラ」