奥州市牛の博物館

おうしゅうしうしのはくぶつかん

前沢牛のふるさとにある日本唯一の牛専門の登録博物館

  • 牛と人との関わり(働く牛)
  • 牛と人との関わり(トラジャ族)
  • 牛と人との関わり(酪農)
  • 牛の生物学(ハイランド腫はく製)
  • 牛の生物学(全身骨格)
  • 牛の生物学(野牛化石)
  • 牛の生物学(種雄牛はく製)
  • 牛の生物学(肥育牛はく製)

 岩手県は馬産地として知られていますが、旧石器時代の野牛化石が発見されているほか、奥州藤原氏による牛車の利用、藩政時代の南部牛飼養など歴史的にも牛と関わりの深い地域です。
 銘柄牛肉「前沢牛」の産地である奥州市前沢地域に位置する奥州市牛の博物館は、「牛と人との共生を探り生命・自然・人間を知る」を基本理念に牛と人との共存の歴史を生物学、人との関わり、牛の里・前沢の3つの分野から紹介する日本唯一の牛専門の登録博物館です。
 野牛化石・牛の剥製・牛の胃袋などの実物標本、牧畜・農耕・信仰・民族・歴史など国内外の実物資料を展示しており、「牛」について総合的に学ぶことが出来るほか、皮革ストラップづくりなどを体験することができます。

基本情報

住所
岩手県奥州市前沢字南陣場103番地1(〒029-4205)
料金
一般400円 高校生300円 小中学生200円
※15名以上の団体は一人あたり100円引き
 体験料はプログラムによって異なります。(100円~500円)
営業時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休業日
毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は、翌日)
12月28日~1月4日の年末年始
駐車場
乗用車50台
大型バス7台
公式サイト
奥州市牛の博物館
SNS
Facebook
所要時間
見学 30分~60分
※体験プログラムは別途30分~120分程度必要です。
備考
・体験プログラムは最大40名程度までの受け入れとなります。
・体験プログラムは2週間以上前に予約をお願いします。
・別団体対応を行っている場合は展示案内に対応できない場合がありますので可能な限り事前にご連絡ください。

問い合わせ先

問い合わせ先
奥州市牛の博物館
電話番号
0197-56-7666
FAX番号
0197-56-6264
メールアドレス
ushihaku@city.oshu.iwate.jp

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

幽玄洞
詳細はこちら
国指定名勝 旧秋田藩主佐竹氏別邸(如斯亭)庭園(秋田県秋田…
詳細はこちら
青森りんご膳
詳細はこちら
【岩手県釜石市】釜石鵜住居復興スタジアム
詳細はこちら
手作りの花畑「はながさの丘」
詳細はこちら
田沢湖高原雪まつり(秋田県仙北市)
詳細はこちら
あおもりバル街
詳細はこちら
白鳥舘遺跡
詳細はこちら