芋煮会発祥の地のシンボル「鍋掛松」

いもにかいはっしょうのちのしんぼる「なべかけまつ」

江戸時代、まだ最上川舟運が盛んであったころ、中山町(当時は長崎)が最終の寄港地でした。積み荷の荷降ろしや積み込みの際の空いた時間に 船頭達が松の枝に鍋を吊るし、地元の里芋と棒鱈を一緒に煮て食べていたそうです。その様子が現在の芋煮会の原点であると言われています。

基本情報

住所
山形県中山町大字いずみ1
備考
ひまわり温泉ゆ・ら・ら駐車場北側

問い合わせ先

問い合わせ先
中山町観光協会
電話番号
023-662-2114

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

「TOHOKU BREWING Tourism」~歴史と伝統を醸し出す旅~(あさ…
詳細はこちら
鹿部公園
詳細はこちら
【令和3年度中止】ゆざ町夕日まつり第一夜 夕日コンサート(…
詳細はこちら
国特別天然記念物 「藤島のフジ」
詳細はこちら
シィライン株式会社
詳細はこちら
二本松市春さがし桜めぐりツアー
詳細はこちら
【岩手県釜石市】【うのすまい・トモス】いのちをつなぐ未来館
詳細はこちら
錦秋湖アクティビティ(カヌー)
詳細はこちら
道南トロッコ鉄道
詳細はこちら
クラゲ展示種類数で世界一を誇る加茂水族館
詳細はこちら