徳丹城跡、矢巾町歴史民俗資料館

とくたんじょうあと、やはばちょうれきしみんぞくしりょうかん

徳丹城は、812年頃に造られた律令国家最後の城柵で、遺跡は現在、国の史跡に指定されています。
平成18年の第65次発掘調査では、全国ではじめて木製の冑が出土し、注目を集めました。
史跡の西側に近接する歴史民俗資料館には、徳丹城跡から出土した木製冑や古代琴などの考古遺物を展示しています。
また、同敷地内には町指定有形文化財佐々木家曲家を移設復元し、農具類の展示を行っています。
史跡と一体となったやはばの歴史「はじめの一歩」を知る空間といえます。

基本情報

住所
岩手県矢巾町西徳田第3地割188番地2号
料金
大人150円  小中高生50円
営業時間
午前9時~午後4時30分
駐車場
約10台

問い合わせ先

問い合わせ先
矢巾町歴史民俗資料館
電話番号
019-697-3704
FAX番号
019-697-3704 

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

【相馬野馬追】北郷陣屋総大将お迎え
詳細はこちら
マタギ滝歩き
詳細はこちら
青葉公園商店街
詳細はこちら
牡蠣鍋クルーズ
詳細はこちら
鳥越の滝
詳細はこちら
【かみのやま温泉】上山藩武家屋敷
詳細はこちら
県立児童館「いわて子どもの森」
詳細はこちら
鬼小十郎まつり
詳細はこちら
太陽の村
詳細はこちら