東山温泉

ひがしやまおんせん

若松城下の奥座敷

会津の奥座敷・東山温泉は今から約1300年前に名僧・行基によって発見されたと伝えられ、奥羽三楽郷に数えられる歴史ある温泉郷で、会津若松市の中心地から車でわずか10分程度と会津観光の拠点に便利な場所にありながらも、豊かな美しい自然と歴史を誇る東北屈指の温泉です。

かつて新選組の土方歳三が傷を癒したり、竹久夢二や与謝野晶子などの文人墨客にもこよなく愛されたと伝えられています。


東山温泉のお湯はさらさらの肌ざわりが心地よい硫酸塩泉。無料の足湯処もあります。

夏には、毎年恒例「東山温泉お湯かけまつり」や「東山温泉盆踊り」が開催され、地元民や宿泊客が一緒になって楽しみます。


各旅館・ホテルおもてなしの会津郷土料理の数々を楽しみながら、心の芯までゆっくり温まり、至福のひと時をお過ごしください。




基本情報

住所
福島県会津若松市東山町
アクセス
●公共交通機関でのアクセス
JR会津若松駅よりまちなか周遊バス「あかべぇ」で約15分「東山温泉駅」下車

●車でのアクセス
磐越自動車道 会津若松ICより約20分
公式サイト
東山温泉観光協会

問い合わせ先

問い合わせ先
東山温泉観光協会
電話番号
0242-27-7051
FAX番号
0242-28-8722