野口英世青春通り

のぐちひでよせいしゅんどおり

世界的偉人・野口英世が青春を過ごした地

赤ん坊の頃の大火傷から左手に障害を持ち、手術をきっかけとして医師を目指すこととなった世界的な細菌学者・野口英世。

青春期は会津で過ごしたといわれ、書生として住み込みで働きながら約3年半にわたり医学の基礎を学んだ會陽医院跡が現在は1階がアンティークなカフェ、2階が野口英世青春記念館として残っており、博士に関する資料を展示しています。

野口英世像が立ち、市民の憩いの場にもなっている野口英世青春広場など、ゆかりの地をめぐってみてはいかがでしょうか。


基本情報

住所
福島県会津若松市中町4-18