「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった

「あにめーじゅとじぶりてん」いっさつのざっしからじぶりははじまった

「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった

本展覧会では鈴木敏夫が編集者として活躍していた時期(1970年代末から1980年代)に焦点を当て、まだアニメという言葉さえ広がっていない時代から、79年に登場した「機動戦士ガンダム」の大ヒットにより質的にも量的にもアニメが大きく飛躍するブーム期、そして鈴木が後のジブリにつながる高畑・宮崎両監督を発見し、彼らとの映画製作に傾斜していくまでの道のりをご紹介します。


かつて、「子どもが観るもの」であったテレビアニメですが、1974年に「宇宙戦艦ヤマト」が放送されて以降アニメを自分たちに向けられた作品だと受け止める若者たちが出現してきました。「アニメージュ」は、そうした時代にアニメの盛り上がりの中で、ファンと作り手の架け橋となる日本初の商業アニメ専門誌として生まれました。鈴木は、「アニメージュ」を作ることで、日本のアニメをここまで発展させる道を拓いた立役者の一人でもあったのです。


「アニメージュ」の大きな功績のひとつは、過熱するアニメブームの中で、才能のある作家たちを発掘し、「アニメージュ」で取り上げることで彼らに焦点を当て、世に送り出していったことです。ここには、鈴木の編集者としての目利きと、作家を育てていくという目線があります。鈴木はこの時代に、宮崎駿と高畑勲を発見し取り上げることで、「風の谷のナウシカ」を生み出し、それはその後のジブリ作品につながっていきました。本展覧会では、そうした鈴木敏夫のプロデュース術や、仕事術の一端も明らかにします。

基本情報

住所
宮城県石巻市開成1-8
料金
大人:1,500円(1,300円)
中高生:1,000円(800円)
小学生:800円(600円)
営業時間
10:00~17:00
(8/11~15は18:00まで)
※入場は閉館時刻の30分前まで"
休業日
毎週月曜日
(但し8/9は休日のため開館、翌8/10休館)
アクセス
JR石巻駅より路線バスで13分
三陸自動車道 石巻女川ICより車で約5分
駐車場
あり
公式サイト
アニメージュとジブリ展
SNS
【公式】アニメージュとジブリ展
予約方法・申し込み方法
予約方法:ローソンチケット

問い合わせ先

問い合わせ先
「アニメージュとジブリ展 みやぎ石巻展」
実行委員会 事務局(株式会社街づくりまんぼう)
電話番号
0225-23-2109
メールアドレス
animage-ghibli@mangattan.jp

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

【東北DC特別企画】<宮沢賢治関連>宮沢賢治「雨ニモマケズ…
詳細はこちら
めがね橋(旧小滝沢橋)
詳細はこちら
【まちあるき体験】仙台3大名物のご紹介!地元ガイドだからこ…
詳細はこちら
湯ノ沢温泉・横堀温泉
詳細はこちら
馬渡の桜
詳細はこちら
Reborn-Art Festival 2021-22
詳細はこちら
奥松島クラブハウス
詳細はこちら
  • TOP
  • 観光・体験
  • 「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった