【岩手県釜石市】オーダーメード型ジオガイド「世界遺産の橋野鉄鉱山と釜石鉱山」

【いわてけんかまいしし】おーだーめいどがたじおがいど「せかいいさんのはしのてっこうざんとかまいしこうざん」

近代製鉄発祥の地「大橋」、三陸ジオパークジオサイトの一つ「釜石鉱山」。国登録有形文化財の「旧釜石鉱山事務所」を認定ジオガイドの説明を聞きながら見学します。

 釜石鉱山の歴史は、1727年に磁鉄鉱が発見されたことに始まり、1857年には洋式による高炉と鉄鉱石を用いた鉄づくりに成功し、幾多の変遷を経ながら今日に至り、 現在は釜石鉱山では、ナチュラルミネラルウォーター「仙人秘水」の生産やメガソーラー発電事業などを展開しています。

昭和26(1951)年建築の「旧釜石鉱山事務所」は市に寄贈され、その後国登録有形文化財に指定され、現在は展示室として公開しています。

その中には、往時の事務所の再現や、釜石鉱山で採取された珍しい鉱石をはじめとする鉱物資料、分析道具などの貴重な資料があり、特にナウマン博士の地質図は必見です。


 また、周辺には選鉱場やずりの堆積場、山神社、ホッパーなどの遺構の他、野外展示として、1920~30年代のバトラーショベル、マインカーローダー、1880年にわが国三番目に開業した釜石鉄道のボックスカルバートなどもあります。これらの地質(ジオ)や170年近く続く鉱山の歴史を丁寧にガイドします。


コース例1

(現地集合):選鉱場跡、山神社碑、大島高任父子顕彰碑(約20分)、旧釜石鉱山事務所(約30分)、ショベル・ローダー・釜石鉄道のカルバート等(約10分)

コース例2

(陸中大橋駅集合~徒歩移動):大橋駅の鉱石ホッパ、宮澤賢治の碑、社宅跡等(約30分)、旧釜石鉱山事務所(30分)、大島高任父子顕彰碑、山神社、選鉱場跡、ショベル・ローダー・釜石鉄道のカルバート等(約30分)、陸中大橋駅解散(全1時間40分前後)


※釜石鉱山以外のガイドを希望する場合は、移動時間や交通機関等の検討が必要となりますので、予めご相談下さい。(鉄の歴史館、橋野鉄鉱山、メガソーラーなど)

※本コースは、お客様からの予約を受けて釜石鉱山をガイドすることを想定していますが、お客様の手配したバスやレンタカー等に添乗し、釜石鉄道に係る遺産などを交えてガイドを行うこともできます。些細なことでも結構ですのでご相談下さい。


エリア
岩手県
三陸沿岸
カテゴリー
文化・歴史

基本情報

住所
岩手県釜石市釜石市鈴子町22-1
料金
ガイド1人1時間あたり1,000円(ガイド1人につき1~20人まで対応)
他に、旧釜石鉱山事務所入館料300円
営業時間
9:00~18:00
休業日
12/31~1/2
アクセス
JR釜石駅(三陸鉄道釜石駅)から車で約25分
JR陸中大橋駅から徒歩約10分
駐車場
公式サイト
釜石観光物産協会HP
SNS
facebook
所要時間
旧釜石鉱山事務所周辺のみ=1時間、
陸中大橋駅から旧釜石鉱山事務所周辺=2時間
備考
旧釜石鉱山事務所は、12/9~3/31休館

問い合わせ先

問い合わせ先
釜石観光総合案内所
電話番号
0193-22-5835
FAX番号
0193-31-1166
メールアドレス
kamaishi-kankou@bz04.plala.or.jp
  • TOP
  • 観光・体験
  • 【岩手県釜石市】オーダーメード型ジオガイド「世界遺産の橋野鉄鉱山と釜石鉱山」