【特別企画】末廣酒造収蔵品特別展示

【とくべつきかく】すえひろしゅぞうしゅうぞうひんとくべつてんじ

会津藩主・松平容保の書や野口英世の古写真など、貴重な収蔵品を特別展示

末廣酒造は、嘉永3年(1850年)の創業以来、「米」「水」「人」と会津にこだわって酒造りを行っている酒蔵です。

レトロなお店が多く並ぶ会津若松市七日町に位置し、まち歩きの途中でふと寄れる便利な立地にあります。


カフェも併設しているこの蔵は、趣のある木戸、凜としたエントランス、そして、日本建築では稀有なほど高い吹き抜けがある威風堂々としたホールが特長で、重厚感のある木造の蔵は「会津若松市歴史的景観指定建造物」に指定されています。


そんな歴史を感じる嘉永蔵には、お酒だけではなく、会津の歴史や文化を象徴するような貴重な収蔵品が保管されています。

今回、特別企画として、普段は見ることのできない貴重な収蔵品を嘉永蔵2階の大広間にて特別展示いたします。


かつて当主の住居として使われていたという大広間には、徳川最後の将軍・徳川慶喜や会津藩主・松平容保の書が展示。

また、末廣酒造は、野口英世が父と仰いだ小林栄氏の娘の嫁ぎ先で、英世の母が度々訪れ、英世自身も帰国した際にこの嘉永蔵で書を書くなどしており、その時に撮影したとされる古写真を見ることができます。


他では見ることのできない展示物を、ぜひご覧ください。



<内容>

■開催日時:2022年4月1日~6月30日期間中の月曜日と金曜日

      午後1時30分~ ※要予約

■場所:末廣酒造 嘉永蔵(福島県会津若松市日新町12-38)

■内容:・酒蔵内や嘉永蔵の特別収蔵品をスタッフの案内付きで見学

    (収蔵品一例)徳川慶喜の書、松平容保の書、野口英世の書・古写真 など

    ・普段試飲を行っていない大吟醸「玄宰」をはじめとした特別試飲とお土産付

■料金:大人1,000円(税込)※お一人様あたりの料金

■所要時間:60分程度

■駐車場:普通車20台 大型バス4台

■注意事項:○訪問前日までに必ずご予約のご連絡をお願いいたします。(電話・FAX・メール)

      ○メール・FAXでのご連絡時には送信された旨を電話にてご連絡いただき、必ず到達の確認を行ってください。

■その他:当該日以外での設定を希望される場合は随時ご相談ください。

■問合せ先:末廣酒造 嘉永蔵 担当者 一条

      TEL:0242-27-0002  FAX:0242-27-0003

      メール:ichijou@sake-suehiro.jp

基本情報

住所
福島県会津若松市日新町12-38
料金
大人1,000円(税込)※お一人様料金
アクセス
JR会津若松駅より車で7分
まちなか周遊バスハイカラさん「若松駅前」停留所乗車「大和町」下車徒歩2分(バス所要時間12分)
駐車場
普通車20台 大型バス4台
公式サイト
末廣酒造
所要時間
約60分

問い合わせ先

問い合わせ先
末廣酒造 嘉永蔵
電話番号
0242-27-0002
FAX番号
0242-27-0003
メールアドレス
ichijou@sake-suehiro.jp

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

【特別企画】会津のキリシタン文化に触れる特別公開
詳細はこちら
大自然の造形美「あぶくま洞」
詳細はこちら
KESENNUMA BREWER'S TABLE
詳細はこちら
特別企画 霧幻峡の渡し「和船手漕ぎ体験」
詳細はこちら
青森スプリング・スキーリゾート
詳細はこちら
弘南鉄道田舎館駅「ART STATION」
詳細はこちら
福島わらじまつり
詳細はこちら
福島県立博物館
詳細はこちら
「上杉伯爵邸特別演武会」米沢牛・郷土料理限定ランチプラン
詳細はこちら
甲冑着付け体験
詳細はこちら
銀山温泉Twilight Trip
詳細はこちら
令和4年特別企画箟岳山からの雲海ツアー【涌谷町】
詳細はこちら
野口英世青春通り
詳細はこちら
丑歳御縁年再び! 出羽三山生まれかわりの旅
詳細はこちら
仙台うみの杜水族館 夜の生物観察会(水族館お泊り企画)
詳細はこちら
出羽桜酒造株式会社
詳細はこちら
城下町歴史散策
詳細はこちら