橋野鉄鉱山

はしのてっこうざん

世界文化遺産に登録 現存する日本最古の洋式高炉跡

橋野鉄鉱山は現存する日本最古の洋式高炉跡。当時国内最大の鉄鉱山であったここは、日本の近代製鉄業を支え、国の発展に貢献した「近代製鉄発祥の地」ともいえます。当時の稼動状況・経営状況までも示し、日本における製鉄産業の近代化を象徴する史跡として極めて価値が高く、国の史跡にも、世界文化遺産にも登録されています。


予備知識なしに自由来訪しても、その価値の高さがピンとこないかもしれません。釜石観光物産協会に連絡をして事前に現地ガイドを手配するか、AR観光ガイドアプリを利用すると、面白さがグッと増すはず。先に釜石市街の「鉄の博物館」へ行き、当時の静鉄産業への理解を深めておくのもおすすめです。


自然豊かな山中にあるため、クマ、シカ、ヘビ、ハチ、アブなどに注意。歩きやすい靴で来訪を。

エリア
岩手県
三陸沿岸
カテゴリー
文化・歴史

基本情報

住所
岩手県釜石市橋野町2-15
料金
無料
営業時間
随時見学可(但し降雪時は見学困難)

橋野鉄鉱山インフォメーションセンター
開館日:毎年4月1日〜12月8日 利用時間:9:30〜16:30
(TEL 0193-54-5250)
アクセス
●JR釜石駅より車で約50分
●JR遠野駅より車で約35分
駐車場
あり
公式サイト
サイトを見る
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

問い合わせ先
釜石観光物産協会
電話番号
0193-22-5835(休日:第1、3、5火曜日)