弘前城

ひろさきじょう

日本最北端・白亜の天守閣が、桜に、雪に、青空に映える

  • 現存する日本最北端の天守
  • 日本三大桜の名所
  • 新緑に映える天守
  • 趣ある雪景色
  • 園内散策スタート地点「追手門」
  • 桜の時期に通るのがおすすめ「南内門」
  • 花びらで埋め尽くされた濠は圧巻!
  • 桜の中に架かる朱塗りの橋
  • 幻想的な夜桜のライトアップ

弘前公園(鷹揚公園)の中にある弘前城は、現存する日本最北端の天守で、国の重要文化財にも指定されています。天守閣もさることながら、園内の門、橋、濠は歴史的な情緒に溢れまるで江戸時代にタイムスリップしたかのよう。これだけ大規模な城郭が往時の姿を留めつつ公園として開放されている例は、全国的にも希少です。


天守閣、5棟の城門・3棟の櫓は必見。下乗橋から見る天守も、朱塗りの欄干に天守閣が映える絶好の写真撮影スポット。天守の三層目の屋根にある鯱(魚で頭部は虎)にもご注目。園内は広いので「観光人力車」に乗って様々な景色を優雅に楽しむのも手です。


弘前公園の桜は、1715年に津軽藩士が25本の桜を京都から取り寄せたといわれ、現在は約50種類、2600本程の桜が植えられています。外濠の花筏は〝桜のじゅうたん〟とも呼ばれ、桜の花びらで埋め尽くされた様子はまさに絶景です。


例年、4月下旬~5月上旬の開花時期にあわせ、日本一の呼び声高い「弘前さくらまつり」が催され、国内外から約200万人が桜を愛でに訪れます。春の「さくらまつり」だけではなく、秋には「紅葉まつり」と「菊まつり」が、冬には「雪灯篭まつり」が開催されます。木々が鮮やかに染まり、豪華絢爛な菊人形が並ぶ秋。雪化粧した気品ある天守閣と、灯りがともされたミニカマクラ群が幻想的な冬。季節ごとの美を愛でに訪れてはいかがでしょうか?


公園付近には、「津軽藩ねぷた村」や、洋館と日本庭園が素敵な「藤田記念庭園」、有形文化財に作られたレトロな佇まいの「スターバックス コーヒー 弘前公園前店」などが徒歩圏内にありますので、ぜひ一緒に訪れてみてください。

エリア
青森県
弘前
カテゴリー
文化・歴史

基本情報

住所
青森県弘前市大字下白銀町1-1
料金
●1日入園券(単独)
弘前城本丸・北の郭のみ
大人:310円
子供:100円

●1日入園券(共通)
弘前城有料区域・弘前城植物園・藤田記念庭園共通券
大人:510円
子供:160円

※( )内は10名以上の団体料金
※未就学児は無料
営業時間
●無料区域
24時間

●有料区域
4月1日~11月23日 9:00~17:00
さくらまつり期間 7:00~21:00
休業日
各区域による
アクセス
●JR弘前駅から徒歩30分
●JR弘前駅からタクシーで10分
●JR弘前駅からバス15分、市役所前下車、徒歩5分
駐車場
周辺にあり
公式サイト
https://www.hirosakipark.jp/
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

問い合わせ先
弘前観光コンベンション協会
電話番号
0172-35-3131

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

八海山ロープウェー・八海山展望台
詳細はこちら