青森県立美術館

あおもりけんりつびじゅつかん

アート好き必見。青森の芸術風土の発信地

  • 真っ白な外壁の凸凹な建築がそびえ立つ
  • 美術館入口
  • 雪が降る美術館
  • 「木」と「a」をモチーフにしたシンボルマーク
  • 現代的で繊細なデザイン
広大で見晴らしの良い土地に、真っ白な外壁の凸凹な建築がそびえ立ちます。現代的で繊細なデザインの青森県立美術館は、隣にある縄文時代の集落跡「三内丸山遺跡」の発掘現場から着想を得て設計されました。発掘現場の壕のように、地面が幾何学的に切り込まれています。縄文とモダンが融合するユニークな空間です。入口には青く光る木をたくさん並べたシンボルマークで“青森”を表現されており、日が沈むと宵闇に浮かび上がります。細部にまで意匠が凝らされており、建築美だけでも見ごたえ充分。

青森県出身にして世界的に有名な画家、彫刻家・奈良美智氏の作品、高さ8.5mの巨大な「あおもり犬」は有名です。見上げると八角形の空が広がる「八角堂」という空間に、穏やかな表情のまっしろな犬が佇んでいます。ほかにも、板画の巨匠・棟方志功や、ウルトラマンの怪獣デザインで有名な成田亨など、強烈な個性のある青森県のアーティストの作品を楽しむことができます。

また、巨匠・シャガールの描いたバレエ「アレコ」の舞台背景画も見どころのひとつ。四層吹き抜けの大空間に全4作品から成るバレエ「アレコ」の舞台背景画中、第1幕、第2幕、第4幕が収集されています。約9m×15mの巨大絵画は、サイズだけでも見るものを圧倒します。

館内には「4匹の猫」という可愛いカフェがあり、絵本仕立てのメニューなど美術館ならではの演出も。明るい空間で、青森県産の食材にこだわったランチやデザートをいただけます。

ミュージアムショップでおしゃれなおみやげを探すのも楽しみ。独立したエントランスを持っているので、館内に入らなくても直接出入り可能です。
エリア
青森県
青森・八甲田
カテゴリー
アート・文化

基本情報

住所
青森県青森市安田字近野185
料金
【常設展】
一般510円 
大学生・高校生300円 
中学生・小学生100円
営業時間
●10月1日〜5月31日
9:30 - 17:00 (入館は16:30まで)
●6月1日〜9月30日
9:00 - 18:00 (入館は17:30まで)
休業日
●毎月第2、第4月曜日 (祝日の場合は翌日)
●年末
アクセス
●JR新青森駅から車で約10分
●青森駅、青森空港から車で約20分
駐車場
あり
公式サイト
http://www.aomori-museum.jp/ja
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

問い合わせ先
青森県立美術館
電話番号
017-783-3000

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

飯盛山
詳細はこちら